読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

故郷

 

昨日から北海道へ来ています。

先日外国へ行ったばっかりだから、

なんか最近飛行機乗ってばっかり。

でも、

飛行機もすっかり慣れたものだ。

この前の初めて「海外」へ降り立つ時に感じた、

あの「ドキドキ」感。

慣れるってのはそれがなくなる。

まあ、安心感、安定感ができたってことなんだけど、

やっぱり僕は、

もっと「ドキドキ」して、

「わくわく」を見ていたい。

 

慣れといえば、

東京に住んでいた頃は、

「夏の北海道」は涼しくてパラダイスだったけど、

八ヶ岳に暮らす今となっては、

涼しさにありがたみは特にない。

これも慣れかな。

あ、でもお魚は美味しかったよん。

f:id:meisoutoyama:20160727101035j:plain

初公開。父です。

夜居酒屋にて。

 

 

成田空港から「JETSTAR」で行くのが最近の定番。

でも長野県からだとそこまで行くのにけっこうかかる。

 

ま、それはさておき。

 

成田にいる時、父から連絡が。

 

「お母さんが昏睡状態だ」

 

*あ、ちなみに知らない人のために書いておくと、

母は「多発性硬化症」っつう病気で、

僕が中学生の頃から、

かれこれ20年、重度な障害者をやってます。

ここ数年は「認知症」的な要素も追加されました。

 

僕はそれを聞いて、

 

「うわ!大変だ!おかあちゃーん」

 

なんて事はなく、

 

「ふーん」

 

って感じです。

 

冷たい息子ですか?

 

そうですね。

冷たいですよ。

 

だってね、

そんなのもう慣れっこですから。

親父は毎回大げさに騒ぐけど、

僕が中学生の頃から、

何度そんな「そろそろ危ない」的な状況があったか。

これも慣れです。

祖父の半狂乱の死、

親友の自殺や、

兄の突然死、

いろんな「死」や「病気」を身近で見てきたから、

いちいち驚かない自分がいます。

 

それに僕は正直なところ、

母に関してはね、

何十年も治る見込みない病気で苦しむなら、

「そろそろ楽になってほしい」

と思ってます。

 

障害者を抱えた人にしかわからないかもしれないけど、

何年も何年も、

希望のない状態で、

動けない人間を世話し続けるって、

本当に大変なんです。

「介護地獄」って言葉あるけど、

なかなか「介護天国」って考えにシフトする事は難しい。

そんなセミナーあったらお目にかかりたいもんだ(笑)

少なくとも、

僕はそうだった。

まだ女の子とチューもしたことない中学生男子が、

母親の下の世話をするって、

生き地獄でしたよ(笑)

しかも多額の借金をしたおかげで、

こちとら給食のパンを友達に見つからないように、

こっそり持って帰ったりと、

極貧生活を味あわされましたからね(爆)

笑、とか爆、とか書いたけど、

 

僕の人間性歪めるには十分な破壊力でした

 

とまあ、それはさておき、

母は夕方に意識が回復。

「やっぱりね」

って感じ。

死ぬ人はすぐ死ぬ。

死なない人はなかなか死なないんです。

 

母はぼうっとしてたけど、

一応は話もできた。

でも、ちゃんと話せなかった。

認知症もあるし、

狭い病室に、6人もいるから、

あまりぶっちゃけたことも言えず。

 

 

実は今回、

母親ときちんと向き合おうかって、

考えてた。

去年は父に、

30うん年間のうっぷんをぶちまけて、

父との関係はだいぶ改善しました。

 

だけど僕はまだまだ、

母に自分の思いを伝えていない。

 

母は病気になってから、

僕が何か反抗的なことを言ったり、

困らせるようなことをしたのがばれると、

(学校で停学くらったとか、バイクで騒いで補導されたとか)

泣きわめいて「呼吸困難」になるという都合のいい体になった。

おかげで僕は、

母の意に反することは、

いつも何も言えなかった。

*兄がハチャメチャだった分、

僕への「いいこ」の期待がハンパなかった。

 

だから、

今更だけど、

怒ったり怒鳴ったりはせずに、

「あの頃は本当に辛かったんだ」と、

伝えたかった。

まあ、今日の午後も行くから、

話せたら話すけど、

あの状態じゃうまく話せるかわからないけどね。

 

それに、

本当にショック死しかねないからね。

今また、かなり弱っているから。

 

今回は、

昔の友達にも誰にも会わないつもり。

まあ、期間も短いし、

実際昔の友達にあっても、

話すことなんてないんだよね。

好きとか嫌いじゃなくて、

「今なにしてんの?」

「収入は?」

「どこ住んでるの?」

とか、

そんな話が超めんどうくさくて、

「あのころ楽しかったな」

「あれ笑ったな」

みたいな昔話、

苦手なんです。

 

人間関係って、

本当に大事で、

転換期にある時こそ、

どんな人と付き合うかは、

慎重に選ばないとならない。

どんな人になりたいか。

どんなステージにいたいのか。

 

そこんところは、

慣れたくないね。

馴れ合いはいらない。

本音だけで、

今と向き合って生きている人と、

遊びたい。

 

故郷って、

自分の過去の象徴。

過去はなくならない。

でも僕らは、

未来を見ているし、

なにより「今」を生きている。

 

真夏の新月8月3日 残3名

真夏の満月8月18日 残3名2名

蒸し暑い都会を離れ、

八ヶ岳高原でお会いしましょう。

loose-meisou.hatenablog.com

 

あなたも旅に出よう!

ちょっと遅い夏休み。

9月4日 瞑想リトリート 第3弾! 

6名5名4名3名!

loose-meisou.hatenablog.com

 

 7月31日。

都内で対面セッション。

あなたを覆う膜を外すヒーリングセッションです。

世界がぐんと近くなる。

15時〜。都内カフェにて。

申し込みは下記から。

*申し込み終了しました。ありがとうございます!

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

(場所 八ヶ岳山麓にて)

 

いつでも「0(ゼロ)」に戻る。

いつでも「本質」と共に在る。

それがゆとりと安心を作る。

それが心の奥のオリを浄化する。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約2時間)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

38888円 

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

58888円 

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、感覚「そのもの」になる。

瞑想状態を維持し続けることにより、

本質からのメッセージを受け取ります。

 

128888円 

 一ヶ月間のメールサポート付き。

 昼食、温泉つき。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*こちらの個人コースは夏で終了します。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

夏至で満月 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

満月グループ山歩き瞑想&セッションの感想 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

山歩きmei-sou(瞑想)の感想 2 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

7月のセッション 空き日

 

22日23日24日

26日〜29日 30日31日 

 

8月 

3日 5日 6日

8日9日10日11日12日13日

14日15日16日17日 18日 20日

21日22日23日24日25日26日27日

29日30日31日

 

9月

1日2日3日4日5日6日7日8日9日10日

 

 

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

f:id:meisoutoyama:20160705110224j:plain

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。