読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

ゼロになる瞬間

 

僕の森(山)歩きmei-souセッションに来てくれた人は知ってるんだけど、

僕が深い森とかを案内し、

瞑想とかする中で、

必ずやるコトがあります。

 

それは、

 

一人で歩いてもらう時間

 

を作る事。

 

 

基本的にほとんど人がいない場所を歩くんで、

 

参加者の方にどこかで待ってもらって(一本道ですよ)、

「僕の姿が完全に見えなくなったら歩き出してください」

と伝え、僕はすたこらと先へ進み、

参加者の方には一人で森を歩いてもらいます。

 

 

僕自身、

いつも一人で山を登ったり、

深い森を歩いていて思うんです。

 

自分は世界にただ一人の存在。

 

 

この世界を丸ごと包みこむ孤独感。

 

そんなものを感じつつも、

同時に相反する感覚を得ます。

 

自然の気配の中に溶け合い、

自分はこの世界そのものだ。

 

という感覚。

孤独感と一体感という相対するものを、

同時に持っているんです。

 

 

正直なところ、

この感覚を言語化するのは難しい。

だからあまりこの手の事は、

書いてこなかった。

 

f:id:meisoutoyama:20160721114204j:plain

 

でも、僕の大切な尊敬できる友人、

「藤井みのり」ちゃんのブログ。

sexrecipe.hatenablog.com

彼女の純粋かつ力強いメッセージに触発されて、

今これを書いてます。

 

f:id:meisoutoyama:20160721142256j:plain

 

僕は常々「瞑想」について説明する時に言うんだけど、

 

「思考(考える)」

 

から、

 

「感覚(感じる)」

 

へのシフト。

 

この「感じる」ってのは、

 

「きれい」とか「気持ちいい」とか

 

そういう「言語化」する前の状態です。

 

 

つまり、

本来僕らの感覚って、

言葉じゃないんです。

言葉にならないんです。

 

それを僕らの「思考」は分析し、

言語化して、

思考認識の枠にはめてしまう。

 

 

「ワンネス」って言葉、

みんな知っていると思うけど、

 

この世界は本当に「ワンネス」です。

 

これ以外ありえません。

 

分離はないのです。

 

宇宙全てが一つであるという感覚、

僕はそれを体験し、

価値観がひっくり返りました。

 

言語というのは僕らの世界において、

まあ便利なものですが、

世界の「切り取り」を意味しているんです。

 

僕は「ワンネス」って言った瞬間に、

「ワンネス」という既成概念を、

大いなる一つの存在から切り離しているんです。

 

つまり、それが「分離」。

 

もちろん、この3次元世界は、

「二元」の世界。

すべてが「わたし」と「わたし以外」で認識されている。

この「分離」の中にこそ「学び」なので、

それが良いとか悪いって事じゃあない。

 

でも、

あまりに「分離」が過ぎたり、

「わたし」と「その他世界の何か」を区別し、

ジャッジが過ぎると、

 

分離感=喪失感となり、

 

喪失(したと勘違いしてる)した部分を、

埋めるためにあくせくしてしまう。

つまり、

「ない」ものをフォーカスし、

埋まらないはずの部分に、

無理やり何かをねじこもうとしている状態。

 

僕らはそれにストレスを感じたり、

肉体的、

精神的に疲れてしまう。

 

うまく説明出来るかわからないのだけれど、言葉とか名前といったものがなければ、もっとそのものを愛せたのかもしれないと思うのだ」

 

と、みのりちゃんの言うように、

「分離」は我々の「本質」とはかけ離れている状態なので、

それとの「根源的なつながり」を失いやすいのだ。

 

だから時々は、

バランスを取るために、

一体感を得る事が必要だ。

 

生命的な原点として、

「自然」はそれをいつも教えてくれる。

 

f:id:meisoutoyama:20160721142336j:plain

僕の「0(ゼロ))瞑想」や、

森歩きは、

まさしくそれを目的としている。

今この瞬間に、

何も所有できないという事実。

何の過去(記憶)もないという事実。

何の未来(予定)もないという事実。

すべては今ここに、

完璧に調和して、

分離などないと感じる瞬間。

 

 

「自然の中で1人になる時間をより大事にしていきたいと感じている」

 

 

彼女も言う通り、

自然の中に一人で対峙する時、

それを得やすい状態となれる。

 

それが僕らにとっての大いなる「癒し」となり、

インスピレーションを受け取り、

本来の自己を取り戻す事につながる。

 

自分なりに一生懸命に耳を傾けてたどり着いたのは「原点に還れ」ということだった。わからなくなったら、原点に還る。そこには自分という存在と同じ旋律のようなものが流れていて、それを思い出すことが、もう一度生まれ直すということのような気がした。また新しい、自分に飽きることのない自分を選んで歩き続けていきたいと思う。」

 

彼女は様々な体験をし、

とことんまで自分と向き合い、

その感覚を手に入れた。

原点に帰って、

新たな自分となって、

自分を選び、

歩いていく。

彼女の今後の展開も、目が離せないね。

 

僕の「0(ゼロ)」という感覚は、

「なんにもない」

と同時に、

「全部ある」

という意味合いを含む。

ゼロポイントはすべてを包括する。

 

僕はその感覚が愛おしくて、

森の中を歩いたり、

山に登ったり、

瞑想したりしている。

 

そんな素敵な感覚を共有できるって、

とても素敵な事だ。

 

もっともっと、

そんな仲間を増やして、

この世界で遊びたい。

 

 

 

真夏の新月8月3日 残3名

真夏の満月8月18日 残3名2名

豊かな自然の中で、

自分の本質と出会う。

loose-meisou.hatenablog.com

 

あなたも旅に出よう!

ちょっと遅い夏休み。

9月4日 瞑想リトリート 第3弾! 

6名5名4名3名!

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

(場所 八ヶ岳山麓にて)

 

いつでも「0(ゼロ)」に戻る。

いつでも「本質」と共に在る。

それがゆとりと安心を作る。

それが心の奥のオリを浄化する。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-souセッション(約2時間)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

38888円 

 

 

mei-souセッション&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

58888円 

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-souセッション(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、感覚「そのもの」になる。

瞑想状態を維持し続けることにより、

本質からのメッセージを受け取ります。

 

128888円 

 一ヶ月間のメールサポート付き。

 昼食、温泉つき。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*こちらの個人コースは夏で終了します。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

夏至で満月 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

満月グループ山歩き瞑想&セッションの感想 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

山歩きmei-sou(瞑想)の感想 2 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

7月のセッション 空き日

 

22日23日24日

26日〜29日 30日31日 

 

8月 

3日 5日 6日

8日9日10日11日12日13日

14日15日16日17日 18日 20日

21日22日23日24日25日26日27日

29日30日31日

 

9月

1日2日3日4日5日6日7日8日9日10日

 

 

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

f:id:meisoutoyama:20160714090459j:plain

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。