読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

自分は全体だった。

 

僕がどうして、 

 

瞑想をもっとたくさんの人に知ってもらおう!

 

って思ったのか。

 

・なんの実績もなく、

・大した修行もせず、

・インドやネパールにも言った事なく、

いきなり「瞑想レクチャー」はじめたのか。

 

それは「ノン・デュアリティ(非二元)」の状態に、

意識が一度変容した事があるからなんです。

 

そこで垣間見た圧倒的真実。

 

・宇宙に意味はない。

 

・「私」も「あなた」もなく、ただの「全体」でしかない。

 

これらの事実は、

 

圧倒的な体験として、

僕の意識を変えたと言ってもいい。

パラダイム・シフトってやつだね。

 

大宇宙からの壮大な「ドッキリ」を、

仕掛けられたかのような気分だった。

だってそうでしょ?

僕らが日々あくせくし、

学び、成長し、

傷つき、喜び、

愛し、愛されるのが、

全部「ドラマ」でしかなかったのだ。

 

ただし、

僕の場合、

それを体験した「自分」すら、

曖昧だから、

うまく説明つかないんだけどさ(笑)

だって、体験者が存在しないのだから。 

 

昨日のブログで、

「ビジネス」とかについて書いたり、

日々、色んなメッセージを発信しているけどさ、

 

僕の根底にあるのは、

実はこれ。

 

なんにも意味がない。

 

という、一歩間違えれば「虚無感」にも似た、

達観した視点だ。

というか、

元も子もないじゃん!

という、

ヒドイ視点。

 

 

実際、

僕という存在は深い虚無感の中、

3日間ばかり、虚空をさまよっているような状態になった。

 

だって、

意味はないのだ。

生きる意味も、

体験する「本人」すらいない。

 

究極のOpen Sense

どんだけ解放されちゃったのか・・・。

 

その状態では、

ただただ、

宇宙は一枚の「DVD」のようで、

この世界はまるで映画の「マトリックス」のような、

データにしか見えなかった。

そう、上記した通り、

すべて「ドラマ」でしかない。

(ただし、チャプターは数億通りある)

 

自分すらいない世界。

誰もいなくて、

何もおきてなくて、

どこにも行ってないという不思議な感覚。

 

 

僕は無気力になり、

あまりの退屈さに、

さっさとこの存在を一段階上の階層へ送りたかった。

つまり「死」として、

この制限ある小さな肉体や現象とおさらばしたかった。 

 

でも、

そんなのは嫌だと、

 

大島ケンスケの自我は言っていた。

 

「でも、どうすればいい?」

 

という、自我と「全体」との問いかけの中から、

 

・意味なんて、好きに自分でつければいいんだよ。

 

という、

コントのオチのような答えが降ってきた

 

「え?」

 

と、狐につままれたような感じだったけど、

 

「それでいいんだ・・・」

 

と、妙に、大島ケンスケの自我は俯瞰し、

 

すると、

 

意識は「全体」から、

「大島ケンスケ」という個人に収縮し、

いつもどおりの自分の感覚に落ち着いた。

 

で、

僕は自分の人生に、

好きに、

てきとーに、

意味をつけてみる事にした。

 

それが、2015年の2月の出来事だった。

 

ストイックな「坐禅」から、

ゆるい「瞑想」にシフトし、

フル・フィラメント瞑想の「マントラ伝授」を受けた日に、

そのシフトがおきた。

 

あ、勘違いしないでね。

マントラは優れたものだけど、

僕と同じようにそれを「体感」できるかは、

あまり関係ありません。

そうなるかもしれないし、

ならないかもしれない。

僕は坐禅をしたり、

病気で死にかけた事とか、まあ色々あったせいか、

そういうことが起こりやすい土壌は持っていたけど、

いきなり、そういう「意識変容」「見性体験」をする人もいるから。

 

そもそも、

それを期待する人は、

永遠にそれが起きないしね。

 

僕が言いたいのは、

そんな「体験」がすごいぞとか、

「人はみな、悟りを得て、意識を変容すべきだ!」

ってことではない。

毛頭、ない。

 

だって、

それすら「無意味」「無常」だと知っているからね。

それよりも、

「イマココ」をしっかり味わって、

このゲームを楽しむことが大切だ。

 

瞑想は、そんな神秘体験のためにあるのではなく、

自分を調え、

本質からのメッセージを受け取るためにクリアリングだ。  

 

霊感もヤマ勘もとんちんかんもどーでもいい。

スピリチュアルとか、

それすら実はどーでもよい。

 

つまり、

別に瞑想しなくたって、

君は幸せになれるし、

君は君のままだし、

君はなんとかなる存在だ。

絶対に、大丈夫だ。

極論だけど、

死んでも大丈夫だ。

というか、

死なないから。

 

なぜなら、僕らは「全体」だから。

 

例えるなら、

君が指先をずりっと擦りむいて、

細胞を痛めたとする。

 

ちょこっと痛いけど、

その細胞がその時何千個死んだとして、

君は死んだと言える?

言えないよね。

まして、

1ミクロンほどの君の細胞一つが、

何らかの理由で死んだとして、

君は死ぬのか?

そしてその細胞すら、

すぐに代謝するし。

 

僕らは、

全体という大きな生命の、

細胞の一つのようなもの。

 

今は意識を収縮させて、

細胞を「自分」だと認識しているだけ。

だから、

僕らは死にたくても死ねない。

この宇宙そのものだから。

 

もちろん、

こんな風に僕は色んな体験を通して叡智を持ってても、

何かと「自我」や「思考」は騒ぐ。

今までの習慣で、

 

怖がる」し、

 

びびる」んだよ。

 

 

思考はいつもこんな感じ。

↓ 

「やめろって」

「無理だよ」 

「失敗したらどうする?」

「家族はどうなる?」

「子供はどうなる?」

 

最近、

 

いつもより5割増しで、

こんな感じで僕の思考が騒ぎまくってます(笑)。

 

今、

僕が直面している現実。

と、

やってくるメッセージ。

 

今、

僕は試練の時を迎えとります。

 

f:id:meisoutoyama:20170218072549j:plain

 

_______________________

予定してた「ハワイリトリート」は

都合により中止とさせていただきました。

ご検討くださった方、ありがとうございます。

またの機会に!

   

天孫降臨、日本開闢の聖地を巡って、幸せになるスイッチを入れよう!

第2弾!高千穂、幣立神社を巡る瞑想と感覚解放の旅。

現在3名さまお申し込み!

残席3!

______________________

 

ブログやFacebookとはまた一味違う、

mei-souアーティストのメルマガ登録はこちらから

 ↓ (大評判の無料ステップメールのレッスンもあるよ)

http://www.reservestock.jp/page/step_mails/15304

 

大島ケンスケの提供するメニューはこちら

www.reservestock.jp

これから都内で空き時間などもあるんで、

しばらくお休みしてた「個人セッション」も再開します。

ちょうど問い合わせもあったので。

カフェ、ラウンジにて。
(飲食代は各自ご負担願います)
 
料金は20000円です。
 
八ヶ岳でのセッションは応相談。
 
都内でのスケジュール
 
23日 午前10時〜11時半 予約あり。
    午後13時〜14時半
 
27日 午前11時〜12時半 予約あり
    
3月5日 朝活あり。
     午後13時半〜15時 
 
あなたを覆い、ブロックしている「膜」を外すワークもやります。
お金、パートナーシップ、あらゆるブロックをエネルギー的に解除していきます。 
 
ご希望の方はメッセージください。
meisoutoyama@gmail.com
もしくは、Facebookメッセンジャーにて。
(繋がってない方は友達リクエストもね)
詳細は返信いたします。
 
 

 ____________________ 

「Open Sense継続コース」  

「本当は〇〇したい」

「本当は〇〇が欲しい」 

 

あなたの内側から感じていきましょう。

大島ケンスケ おおしまけんすけ Open Senseと瞑想による感覚解放のグループ・コース(平日コース)

Open Sense ワン・デイ参加 申し込みフォーム

リトリートだけの参加もおっけー。

Open Sense 八ヶ岳リトリート

 

ご好評の「0瞑想」誘導動画はこちらのブログ内から。

「0(ゼロ)瞑想」誘導動画。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

こちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

 

歌とトーク、そして瞑想。

 

今ここを歌う、夜の会  2017年 3月9日

 

声トレのけー先生と!

詳細はこちら↓

www.reservestock.jp

 

目指せ武道館!

 

音楽は女性性を解放し、高めるのに素晴らしい「今ここ」エネルギーです。

******* 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

 

ご質問、ご相談はこちらのメールか、

Facebookのメッセージで。

 

meisoutoyama@gmail.com