読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

「今ここエネルギー」と「ゼロ・ポイント・フィールド」について

 

意識が「今ここ」に在る時。

 

僕らは一番パワフルな存在になれるんです。

 

この世界には、

 

あなたただ一人、

 

でも、

 

それは孤立しての「一人」ではない。

 

ただただ、

 

世界に君臨する王者になれる。

 

 

思考の世界から、

 

感覚の世界へ。

 

 

打算の世界から、

 

ワクワクの世界へ。

 

今ここを味わう。

 

今ここを感じる。

 

生命エネルギーの源流である、

 

宇宙を、すべてを創造するエネルギーと、

 

パイプが繋がるんです。

 

 

f:id:meisoutoyama:20161109122638j:plain

さあ、

 

今日は少し難しい話するアルよ!

 

僕は「0(ゼロ)瞑想」って名付けた瞑想法やってんだけど、

 

この0(ゼロ)ってのは、

 

なんにもない

 

という概念なんだけど、

 

なんにもない=すべてある

 

という理論が、

 

最新の物理学、

量子力学で解明されつつあるのだよ。

 

仏教とかヒンズー教では、

 

「空(クウ)」と呼ばれる領域として、

 

扱われていた。

 

瞑想ってのは、

 

マインドフルネスのような、

現実的な集中力を高める瞑想もあるけど、

 

意識を空に運んで、

カルマを解消したり、

いわゆる精神世界の深淵から世界を知る、

みたいなのもある。

 

で、

それを量子力学で解明してる。

それが、

 

ゼロ・ポイント・フィールド。

 

 

説明は一言ではなかなか言えないが、

 

なんにもない場に、

全部の可能性がある。 

 

「場」と呼ばれるエネルギーを作る「場」

 

という、なんとも意味不明な感じがします。

 

 

ただね、

 

「0」ってのは、

 

そこに+(プラス)100と、−(マイナス)100が同時に存在してたら、

 

「0」になりますよね?

 

+1億と−1億でも、

 

「0」だ。

 

だから、

 

今僕らが見ている「なんにもない」ってのは、

 

膨大なエネルギーが相殺された状態でもあるんです。

 

その相殺具合で、

 

例えば、

 

+10001と−10000で、

 

現実に僕らが認識できるものは、

 

「1」だったりする。

 

 

ついてこれますか・・・?

 

 

 

まあいいや。

 

書きたい事を書く!それがブログ。

 

 

f:id:meisoutoyama:20161109122655j:plain

で、

ここで言うエネルギーってのは、

素粒子だったり、

波動だったり、

すべての原初の状態なんだけど、

 

それが周波数を変化させて、

分子形態を作って物質化する。

 

でも、

実は僕らの「意識」や「感情」も、

「時間」なんかも、

実はエネルギーなんです。

(お金もね)

 

で、

ゼロ・ポイント・フィールドは、

宇宙上どこにでもあるんだけど、
(あなたの周り、あなたの中にも)

 

1. 空間から無尽蔵にエネルギーを得られる可能性

2. 宇宙のあらゆる存在を結びつける媒介

 

と、物理学者が言っている。

 

つまり、

僕らはこのゼロ・ポイントを扱えれば、

 

エネルギーは無限であり、

物質はいくらでも生産できる。

また、

意識も無限大に拡大するので、

テレパシーはもちろん、

幽体離脱から、

テレポーテーション、

タイムマシン、

 

なんでもありの世界が実現するんです。

 

それこそ、

僕らの「記憶」というエネルギーも、

そこには含まれているから、

アカシックレコードと呼ばれる場所にも、

いつでもアクセスできる。

 

「ぷぷぷ!俺の過去世ウケる!」

とか、

「げぇー、わたしってばこんな目的で生まれてきたの!?」

とか、

そんな事もわかってしまうわけだ。

 

ゼロ・ポイント・フィールドについて語られた文章を抜粋してみよう。

 

ノーベル賞物理学者のリチャード・ファインマンは、以前、「一立方メートルの空間に含まれるエネルギーが、世界のすべての海の水を沸騰させるに足ること」と試算しています。

 

このエネルギーを活用できれば、地球上のエネルギー問題はすべて解決され、エネルギー問題が解決されれば、経済問題もすべて解決され、それによって、戦争はなくなり、平和が訪れるわけです。

 

細胞間のコミュニケーションや、水による情報記憶、ホメオパシーの原理、脳による知覚や情報記憶は皆、この「ゼロ・ポイント・フィールド」が介在して可能になる、という説明がなされています。

 

短期記憶や長期記憶がそもそも私たちの脳内にはまったく存在しておらず、ゼロ・ポイント・フィールドに保存されている

 

どうです?

ぶっ飛んでるでしょ?

最後の「記憶は脳にはない」ってウケますよね(笑)

今まで習ってきた常識なんて、

完全に通用しない世界です。

 

でも僕も自分の瞑想指導ではよく言います。

 

「僕らは自分の頭で考えていると思っているけど、実は空間にある波長を、自分で考えていると勘違いしているだけです」と。

 

そう。

その空間こそが、

 

ゼロ・ポイント・フィールド。

 

だから僕がいつも言う、

 

「今ここエネルギー」って、

 

このゼロ・ポイント・フィールドに無限蔵にある、

 

宇宙の源流のエネルギーの事なんです。

 

 

そのアクセス権を得るために、

 

 

今ここ意識」が必要になってくる。

 

そのために、

 

感覚を開き、

感度を上げ、

しっかりと自分の感覚を感じれる事。

 

で、

瞑想はもろそれにアクセスしようとするメソッド。

 

だから、

僕は瞑想するようになってから、

俄然元気だし、

次々とミラクルが起き続けているんです。

 

 

今ここ意識を知りたい!

 

って人は、

 

一番の近道は、

 

それができている人と過ごす」事です。

 

もちろん、

話を聞くとか、

そういうのも大事だけど、

実は「ただ過ごす」だけで、

どんどん感化される。

どんどん、良い方向へ引っ張られる。

 

今ここを生きる人は、

周りにその波動をだだ漏れで生きているからね。

 

だから、

 

会いたい人に会いに行け!

 

なんですね。

 

そんで、

リトリートとか合宿が、

目覚ましい効果があるのは、

 

「過ごす」からです。

 

そんなわけで、

 

ゼロ・ポイント・フィールドの、

「今ここ意識」を、

体感したい方は、

八ヶ岳へ来てください。

 

loose-meisou.hatenablog.com

 

とか言って、

最近山を降りての活動も盛んになってきたけど(笑)

 

____________

瞑想と、

感覚を開く「Open Sense」ショートプログラム体験会。

新しいあなたになる!

 

東京!

12月4日(日曜日)

詳しくはこちらの記事から。

「Open Senseショートプログラム」&瞑想体験会。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。


 

 

******* 

リトリートで、

一緒に時を過ごしませんか?

実はそれが一番強烈に、

あなたの「今ここ意識」を創造できる。 

 

短い時間で、

一番ブレイクスルーするのは、

やっぱりリトリートで、

がっつりと一緒の時間を過ごす事。

 

これ、マジです。

 

まずはこちら↓

 

11月10日〜12日

 

本田晃一×大島ケンスケ&河野嘉恵

 

満員御礼!ありがとうございました! 

 本田こーちゃんと行く、八ヶ岳瞑想リトリート。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。


loose-meisou.hatenablog.com

  

 

11月22日

 

けー先生と歌ってゆるむ八ヶ岳リトリート!

歌は瞑想と同じ。

ゆるめばゆるむほど、あなたは幸せになってしまう!

 

残 6名3名2名!

loose-meisou.hatenablog.com

 

____________________ 

 

 

 八ヶ岳mei-sou  メニュー 

 

・事業者向けの、世界に一つのコンサルティング

 感覚を解放する。Open Sense(オープンセンス)

 次世代のリーダー達へ。

 あなたの本当の才能を、

 世界を輝かせるために使ってください。  

loose-meisou.hatenablog.com

  

_________________________

個人メニュー 

 

対話セッション 120分 53000円(スカイプ可)

 

瞑想ヒーリング 60分  35000円

 

森の瞑想と室内ワーク 4時間 80000円

 

登山と瞑想ヒーリング 10時〜17時 170000円

 

*ペア割だと、お一人120000円 

*登山は経験に合わせて山を選びます

*山登りから「森歩き」に変更可

*昼食にお蕎麦ランチと温泉付き 

 

メールをいただいてから、日程などご相談です。

 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

 

お申し込み、ご相談はこちらのメールか、

Facebookのメッセージで。

 

meisoutoyama@gmail.com