読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

なぜ「リトリート」なのか。

 

リトリート(retreat)

退却。撤退。後退。
隠居。避難。また、隠居所。隠れ家。避難所。仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所などを指す。
リトリートって言葉。上の説明だけみると、
消極的な感じがするが、本来はもっと行動的、肯定的なものらしい。
僕はこのたび、
カミ様コンサルの「加美大輔」さんと、
セックスレシピの作り方の「藤井みのり」さんというゲストを招き、

セックスレシピの作り方

八ヶ岳瞑想リトリート・ツアー」なるものを企画し、
募集枠はすぐに埋まった。
加美さんのFacebookの投稿でも「余白」という言葉がよく出る。
そして「安心感」。
みのりさんも企画段階の時に「私がリトリートで楽しみたい!」
って言ってた。
どうやら「稼げる人」ほど、
その「余白」や「ゆとり」を大切にしているようだ。
だから今回のツアーの副題として、
稼げる人は知っている。シークレットなリトリート」とした。
mei-sou(瞑想)は、この余白を作る確実なメソッドだ。
日々の中に、余白作り、ゆとりを生み出す。
それが集中力や直感力を養う。
僕は普段、朝晩、もしくは朝夕に瞑想する。
通常30分。短いときは10分。
時間とか、その辺は臨機応変だ。
ただ、毎日続けている。
僕の瞑想歴を書くと、
24歳くらいから独学で「座禅」を始め、
去年「フル・フィラメント瞑想」のマントラ伝授を行い、
いくつかの瞑想会でグループ瞑想を経験し、
今年の1月は10日間のヴィパッサナー瞑想合宿にも参加した。
瞑想を重ねれば重ねるほど、
集中力はもとい、
直感力が養われるの感じる。
そして摩擦が減り、「スムーズ」になるのも実感できる。
そして心身がゆるみ、整う。
健康のためにもとてもいい習慣だ。
リトリートと瞑想の相性は抜群だと思う。
むしろ同じ目的かもしれない。
まだ発表しないが、
今後もリトリート企画はある。
「稼げる人」「旬な人」「面白い人」を呼んで、
もしくは、僕個人でのリトリートも考えている。
僕自身、ゆとりを楽しむってのが目的でもある。
それを誰かとシェアできるなんて、とても素敵なことだ。
ところで日本人は「働きアリ」だと揶揄される。
ブラック企業なんて言葉もあるが、
そんなに「頑張る」国民性があるからそんな企業が存在できる。
これがイタリアとか南米とかだったら、
誰もそこまでして働こうとしないだろう。
日本人に、余白を。
日本人の文化は、これから成熟期に入る。
だからこそ、
余裕を。ゆとりを。
自分に与える贅沢を。
自分に与える安らぎを。
リトリートはそれに気づかせてくれる。
切羽詰まったような人が、
無理して来る必要はない。
今ゆとりがある、だけどもっと循環させて、もっと豊かになりたい人。
そんな人が来ればいいと思う。
起業し、事業を起こす人が増えている。
僕もそうだけど、個人でやるってのは、
責任は全部自分。保証も何もない。
そんな中で、ついつい頑張りすぎたりして、余裕をなくすこともある。
それが不安を呼び、疲労を呼ぶ。
忙しいって、「心」を「失くす」と書く。
余白の時間を、大切にしないとね。

f:id:meisoutoyama:20160502125252j:plain

先日、合気道の師範と酒を酌み交わしながら話したのだけど、
「ゆとり」に関して、先生は言っていた。
合気道を続ける人は「ゆとり」がある人だって。
なるほど。
ゆとりがないと、「合氣」も「愛氣」もできるわけない。
これはあらゆるコミュニケーションで大事だ。
本音の自分で、対話する。
それは「合氣」「愛氣」の精神と一緒だ。それを体術にしたのが合気道ってだけ。
ほぐそう、ゆるもう、くつろごう。
世界はとっても美しい。
八ヶ岳はこれから夏。
蒸し暑い都会を離れ、空気を吸いにくるだけでも、
プチリトリート。贅沢な時間になる。
静かな森の中で、体全部で、呼吸して欲しい。
高原の風を、全身に受けて欲しい。
それだけで、あなたはもっと素敵になる。

5月22日   残1名!

満月に手放すグループ山歩きmei-sou 詳細は こちら⇩

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

八ヶ岳山麓へは東京新宿から特急で2時間。楽々日帰りできます。

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

 

mei-sou(瞑想)とは。

物質(肉体)レベルで自分の存在をただ「感じる」こと。

ただ意識で「感じる」だけで、我々の肉体は「ゆるみ」ます。

肉体がゆるむことで、目に見えない自分=精神・意識の解放に繋がります。

自然の中に身を置くことで、普段閉ざされている感覚が開きます。

それが真のリラックスと、安らぎへと呼び水となり、心身が整います

ゆるみと解放により、インスピレーション(直感、第六感)が高まります。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約90分)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

20000円

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

40000円

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、瞑想状態を維持し続ける事により、

体の芯に溜まったカルマを手放し、

本質の自分からのメッセージを受け取れるよう、

全身全霊でサポートします。

 

100000円

 一ヶ月のメールサポート付き。

 昼食、温泉。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*全てに送迎つき。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。

 

f:id:meisoutoyama:20160517090517j:plain

mei-souアーティスト 大島ケンスケ