読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

琵琶湖と淡路島の旅。

 

今回久々に一人旅したんだけど、

一応仕事もかねてよ。

今度一緒になんか面白いことしようかって、

企画の「顔合わせ」と「打ち合わせ」。

 

こちら、滋賀県で女性専門のサロン『STYLE』を経営する、

小島慶子さんお会いしました。

メニュー | 整体師監修 かっさ・よもぎ蒸し・エステ 女性専門サロン Style

きっかけは「藤井みのり」さんや

セックスレシピの作り方

算命学士の「秋田ゆり」さんのイベントのお手伝いや企画などをしている、

宮本真理子さん(Facebookでチェックしてね)のご紹介でした。

 

その辺についてはまた詳しくお伝えします。

 

 

今回はどんな旅だったか、写真を交えながらご紹介。

やっぱりいろんな場所に行くってのは、

本当に楽しいことです。

僕はただ「歴史」とか「神社仏閣」とか好きなんで、

必然的に「パワースポット」的な場所に行くことが多いですが、

要は「行きたいところに行く!」ってのが大事ですね。

 

 

打ち合わせが滋賀県

そりゃ琵琶湖に行くしかないっしょ!

ってことで、前から行きたかった島へ。

北部に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」です。

 

広島県の宮島」

「神奈川県の江ノ島」と並ぶ、

ここは日本の「三大弁財天」の一つで、

さらに一番古い歴史をもつ「大弁財天」と言われてるそうです。

 

とにかく、これで僕は三大弁財天コンプリート!

 

全部行ったもんね!

 

しかし、

琵琶湖はとにかくでかい!

f:id:meisoutoyama:20160602084301j:plain

向こう岸が見えない!

海か!ってくらいです。

普段「諏訪湖」を見慣れているけど、

諏訪湖の面積13・3平方キロメートルに対し(湖の大きさランキング23位)、

琵琶湖の面積は670平方キロメートル!

2位以下を大きく引き離して堂々の第一位!

圧巻です。

 

f:id:meisoutoyama:20160602084300j:plain

まずはこちら。豊臣秀吉(羽柴)が作ったと言われる「長浜城」。歴史好きにはたまらないです。

f:id:meisoutoyama:20160602084302j:plain

長浜駅から徒歩10分ほどでここにつきます。

船に乗って、30分程度。

f:id:meisoutoyama:20160602084304j:plain

船からの景色。

f:id:meisoutoyama:20160602084306j:plain

f:id:meisoutoyama:20160602084307j:plain

蛇は龍の顕現した姿と言われています。

蛇を見かけたら「ラッキー」ですよ。

f:id:meisoutoyama:20160602084311j:plain

八大竜王

この真っ白なのは、瓦。といっても、

f:id:meisoutoyama:20160602084308j:plain

こんな小さいやつ。これに「名前」と「願い事」を書いて、鳥居に向かって投げる。

鳥居をくぐれば願いが叶うとか?叶い易いとか?

 

さて、何を書こうか?

最初は「世界平和」って書こうとした。

でも、なんか壮大すぎるなかぁと、

「家族の健康」とか「無病息災」的なことも考えたけど、

けっきょくこれにした。

f:id:meisoutoyama:20160602084309j:plain

読める?

 

「億万長者」

 

です。

*字は下手だけど、書きづらいんです。

ええ、

めっちゃ自己中な願いです。

 

でもここでさ、なんか崇高だったり、

まっとうなお願いするより、

こういう方が笑えるし、楽しい。遊び心は大事。

そもそも、願いは自分のためでいい。

 

そして実際に、

僕は「億単位」のお金を手に入れます。

なぜって?

それくらい使う予定だから。

僕の望みを実現させるには、

そんくらい必要です。

 

ちなみにですが、

 

投げた瓦は鳥居をくぐれませんでした!(涙

 

さて、そんな私利私欲をお願いしてから、

ぐんぐん登ります。

f:id:meisoutoyama:20160602084318j:plain

けっこう急な階段です。メインの弁財天は上。

 

写真撮り忘れたけど、

とても気持ちい場所でした。

僕はそういう「気持ちいい場所」で、

mei-sou(瞑想)するのが大好きです。

とても心地よい瞑想になりました。

 

f:id:meisoutoyama:20160602084315j:plain

ちなみに「湖」というと必ず「龍神」伝説があります。

箱根の芦ノ湖とか、諏訪湖もそう。青森の十和田湖。そして琵琶湖。

白龍神社は最近ちょいちょいお目にかかったけど、

黒龍は初めてみました。

 

 

 

それから打ち合わせのため小島慶子さんと宮本真理子ちゃんと合流。

素敵なお店でいろいろお話しました。

f:id:meisoutoyama:20160602084320j:plain

 

 

そしてその夜は兵庫県、神戸は三宮に。

 

人生初の神戸です!

 

神戸牛は食べなかったけど、

神戸の夜は一人居酒屋でまったり過ごし、

神戸の夜を楽しく過ごしました。

 

 

 

さて、翌日!

バスで琵琶湖へ!

f:id:meisoutoyama:20160602084321j:plain

明石大橋

 

目的は日本の中心でもある「伊奘諾(いざなぎ)神宮」です。

 

ここはすごい場所に位置しています。

昔の人ってハンパないです。

なぜならこの神社は、様々な「ライン」上の交差点なのです。

 

この神社から夏至の日の出の方向が「諏訪大社

日の入りが「出雲大社

冬至の日の出が「熊野大社」。

日の入りが「高千穂神社

神社から真東が「伊勢神宮

真西、真北、真南。それぞれに名だたる神社がある。

こちら↓

f:id:meisoutoyama:20160602170137j:plain

 

やばいでしょ?

 

どうやって測ったん?

そんな大昔に。

地図もない昔に。

 

ふふふ、

僕らは実は、

それくらいできる「能力」を持っていたんです。

昔の人は、それが「知ってた」だけ。

今の人はそれを「忘れている」んですね。

 

余談だけど、

淡路島って、

琵琶湖をそのまんま180度ひっくり返すと、

ほとんど同じ形なんですよね。

f:id:meisoutoyama:20160602170248j:plain

だから今回の旅はつながっているのだ。

 

それにしても不思議だねぇ。

日本には不思議がいっぱいさ。

あなたも不思議いっぱいちゃんよ?

自分の不思議、楽しもう。

世界の不思議、面白がろう。

 

では、日本の中心、伊奘諾神宮へ!

 

 

でも、その前にまずは海で浄化。

f:id:meisoutoyama:20160602084323j:plain

バス停からちょこっと歩きます。

f:id:meisoutoyama:20160602084322j:plain

普段は「海抜1000メートル」付近に住んでますが、なにか?

 

f:id:meisoutoyama:20160602084324j:plain

琵琶湖の写真の使い回しじゃないよ。海岸です。

f:id:meisoutoyama:20160602084325j:plain

足を入れる。そんなに冷たくない。気持ちい。

ちなみに「テトラポット」と聞くと、

いつも「AIKO」を思い出すのは僕だけでしょうか?

「ああ〜テトラポットのぼっおってぇ〜」って歌。

 

まあ、どうでもいいやね。

 

 

さて、そこから20分以上歩きます。

f:id:meisoutoyama:20160602084328j:plain

 

f:id:meisoutoyama:20160602084332j:plain

ようやく到着!

 

f:id:meisoutoyama:20160602084331j:plain

f:id:meisoutoyama:20160602084329j:plain

 

神社通として言わせていただくと、

 

とても素晴らしい神社でした。

 

境内でmei-sou(瞑想)してたら、

鼻血が出るかっていうほど、

クラクラとのぼせてしまい、

眩暈がしました。

強烈なエネルギーを浴び続けると、こういう状態になったりします(個人差あり)。

 

本当はそのまま淡路島に宿とって泊まろうかと思ってたけど、

なんだかそれ以上そこにいたら逆に疲れてしまうような気がして、

また来た道を戻り、三宮に戻りました。

 

家族には2泊してくると言ってきたので、

そのまま人生初の「大阪で食倒れの夜!」

なんてのも考えたんですけど、

 

 

 

なんか無性に家族に会いたくなった。

 

 

 

 

家に帰りたくなった。

 

なんでしょう、これは?

たった1日なのに、

すんごくそういう気持ちになってしまった。

 

んで、

 

 

帰った。

 

f:id:meisoutoyama:20160602084333j:plain

新大阪でビールを一杯だけ飲んだ。そしてあとはひたすら電車、電車、電車。

 

f:id:meisoutoyama:20160602084334j:plain

上諏訪駅で待ち時間があったので、

f:id:meisoutoyama:20160602084335j:plain

足湯しました。

さすが信州でしょ?駅の中に温泉です(けっこう熱いから足湯にはちょうどいい)。

 

そんなわけで、

琵琶湖と淡路島の旅、

満喫しました。

 

でも後から「ぴこ」さんに聞いたら、

なんと伊奘諾神宮には「奥宮」があるって!

山奥だから車じゃないと行けないけど。

知る人ぞ知る場所らしい。

 

うーん、それは知らなんだ。

だからまた、

絶対そこに行きたいから、淡路島は行くと思うよ。

 

誰か一緒に行こうかね?

聖地巡礼、mei-souの旅。

 

日本は淡路島から生まれた。

それが「国うみ」のお話。

生命の息吹が溢れている。

知る人は知る情報だけど、

135度のラインは、

今後の世界の「女性性」をもっとも色濃く出している土地。

日本再生のエネルギー、

しかと受け取りました。

出会った人と、このパワーもシェアしていくぞ。

 

6月4日から受付開始⇩

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

 

6月20日 満月と夏至の陰陽パワーに乗る!

グループ山歩き瞑想&セッション 残3名 残2名!

残1名となりました! 

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

6月9日 東京で個人セッションします!

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

 

いつでも「0(ゼロ)」に戻る。

いつでも「本質」と共に在る。

それがゆとりと安心を作る。

それが心の奥のオリを浄化する。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約2時間)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

38888円 

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

58888円 

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、瞑想状態を維持し続ける事により、

体の芯に溜まったカルマを手放し、

本質の自分からのメッセージを受け取れるよう、

全身全霊でサポートします。

 

128888円 

 一ヶ月のメールサポート付き。

 昼食、温泉つき。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*全てに送迎つき。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。

 

f:id:meisoutoyama:20160528082128j:plain

mei-souアーティスト 大島ケンスケ