読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

声の感覚解放!

 

ちょいと、

 

自画自賛も含めて、

 

みんなの感想をここに乗っけときます!

__________________ 

・・・こんな感じでいいの..?なんて思いながら、丁寧に歌っている自分が放っているものの素晴らしさを教えてくれたのは。わたし以外に、わたしを見てくれていた皆んなの存在だった。

みんな本当に、ありがとう😊

きっと、わたし達が日頃放っている、とても素晴らしいものや愛って、あれくらい、とても自然な中にある。

余りにも自然過ぎて、自分ではなかなか解らない。自分のことをいくら見つめても、たった一人では、そこに限界がある気がした。だからこそ、人に観ていてもらう事が、とっても大切なんだって事が、物凄く腑に落ちた渋谷の夜。

________________

 

・・・みんな、詰まってるところが違ったんです。
だから、直すところが、それぞれ違って。

その直すところが、歌ってる間に、どんどん直っていく。
だから、歌が、どんどん変わっていく。
声が、音が、どんどん魅力的になっていく。
声が、その人らしく、生き生きとしていくの。

それは、無駄な力が抜けて、広がっていく様。
歌を楽しんでいく様そのもの。
のびのびと、自由に、楽しんでいる。

不思議と、聞いている私たちも、どんどん楽しくなっていく。

人が歌っていても、自分が歌っている感覚。

聞いてるのも、歌ってるのも一緒。

すっごくやわらかくて、あったかい空気。
きらきらした波動。

 

全文はこちら。 

http://ameblo.jp/taopiyo/entry-12258261453.html

 

________________________

 

みんなで一体になると、
次々歌わなくていい
聞いてたいって、なるんですねー
新たなる発見‼️

 

 

歌いたい、ピアノ弾きたい
ギター弾きたい
今までLiveは見に行くばかりでしたが
そんな気持ちが出てるから
素人だけど許可してイー

 

f:id:meisoutoyama:20170321115755j:plain

___________________

 

自分の声の特徴って、自分ではわからなくて、私自身は声低いしこもるし喉弱いしと、あまりよく思っていませんでした。

ケンスケさんから見ると、体のどこかに力が入っていて響いていないから、本来の自分の声が出せていないとのことでした。

本来の声が出ると、歌ってもしゃべっても心地よくて、最初の緊張はどこへやら。。
もっと歌いたくなりました(^^)v

_____________________________

 

彼に委ねたら、出る出るっ!
声が出るーーー!

もう、高い声は出ない。
自分には無理。。。って思ってた音が出た。
これってものっっっすごく私にはうれしいこと(*´∀`*)
そして、それを導いてくれるケンスケさんがすごいっ!!!

facebookや写真で観るより、「生」で会う方がいいーーー
今、ここにいる人
子供のように嘘がない人

自覚しよう!みんな自分が素晴らしいってっ( ̄▽ ̄)
私もそう思うっ(´>∀<`)ゝ

____________________

 

f:id:meisoutoyama:20170330081846j:plain

『声ではじめる、感覚解放』に参加しました😊

ステキな方々とご一緒出来て、うれしかった〜🌟

私は、自分ではゆるんだつもりでしたが、まだまだガチガチだった事に気づかせていただきました😅

たくさんデトックスしたので、良いモノがたくさん入ると思います💕

私は、声を使うお仕事もしたいと以前から思っていましたが、それでいて躊躇する気持ちもありました。

話す事も、歌う事も、伝える事って本当に楽しい!

気持ちを乗せて、たくさんの想いを届けたい。

そんな気持ちを改めて確認出来ました。

____________________

 

大島ケンスケさんの
「声ではじめる、感情解放」
に参加してきました。

歌うことが好きなのと、心のことに興味があるので
このふたつが合わさったセミナーってどんなことが得られるんだろう…!!!とワクワクでした。

結果、行って本当によかったです・:*+.\*1/.:+

始まるまでは、歌う時緊張しそうだな…と少し不安だったのですが笑
体をゆるめるいろいろなワークの後に歌ったおかげか
全く緊張せずに気持ちよく歌えました〜・:*+.\*2/.:+ただただ夢中で、本当に楽しく歌えた

ケンスケさんのお話を聞いて、そして実際にやってみて
心と体と声は直結しているのだなあと体感しました。

これからは、これまでとは違う、新しい視点で声・歌と向き合ってみようと思いました

_______________________________

 

初スタジオデビュー〜
ケンスケさんの提供のおかげで軽い気持ちでできちゃいました(^ν^)
ただ歌うだけではなく、無意識に抑え込んでいるもの、僕の場合は過去になんか言って、周りの反応が悪かったり、怒られたりしたことが足かせになって、しゃべったり、歌ったり、大きな声を出したときに罪悪感を感じてた。それを猫背で抑えていたり、身体にも現われてた。その辺を歌う前に緩めてもらうと、声も無理なく出る感じで、高い声も楽に出せた。また、友理さんもいたことで、みんな感情面でなにかしら持っていて、それを開放することでいい声が出るんだなあと、繋がりを感じながら安心感を持ってできた。

ケンスケさんのワークは単発の少人数で関われて、横の繋がりもできるし、ケンスケさん自身とも深いところで関われて、しかも自分のタイミングで受けられるところがすごくいい。いつもなにかしら共通点を持った人が集まって、集まった人たちならではの場をできる。僕も空模様のような集まった人たちで毎回違った繋がりを感じられる場を提供していこうと思いました。

日常にこの柔らかさを持ち込んでいきたいと思います。

__________________________ 

f:id:meisoutoyama:20170416224009j:plain

ケンスケさんのレッスンは
うまく歌う方法を教えます!とか、
そんなレベルじゃなくて
  
エネルギーの通りそのものを調整するレッスンだった。 
  
歌いたい曲教えといてね~。と前日連絡がはいり、
  
 
すっごく軽いノリでそのときに
思いついた曲がアナ雪の「Let it go」を
リクエストで返信していたの。
 
 
そのときはね、気づいていなかったんだけど
 
 
レッスンで、
ケンスケさんに一発で見抜かれたのよ!!
 

重い鎧を全部ぬぎすてて、
「ありのままで」生きて、
じぶんだけのストーリを人生に創りたいんだーー!!
 
という決意があるんだね。と。
 
ドンピシャだった。 
 
無意識にした選択ってすごいね笑!!
      

「言いたいことを、ずっと言えずに生きてきた」
 

そのときの名残がね、

まだ喉から口にかけてクセとして残っている。 
 
そこのぶぶんの解放が今回のテーマだった。
 
で、5分ちょっとで
そのクセなんか元々なかったかのように
声の通りが大気圏を突き抜けた!!
  
じぶんの体感覚としては
「汗かいてきて、暑い!!」くらいだったんだけど、
  
聞いている方はもう全くの別次元だったそうで。
   
確かに、他のメンバーの歌を聞いていたら
エネルギー通ってから、別次元になってたので、
 

これがグループの醍醐味だなぁとおもった^^
 
  
ちょっとこの感覚に、
ハマったからまた
ケンスケさんに会いにいこーっと💛💛💛

___________________

 

f:id:meisoutoyama:20170416224005j:plain

あー楽しかった!ケンスケさんのスタジオワーク♪
私は忌野清志郎の「JUMP」を、体動かしながら歌いました。

声出すって、めちゃくちゃ気持ちいい。

私は腰回りが固いので、そこの緊張をほぐしつつ、
縦の動きで芯を作りながら、力強く歌った。
どっしりと構えつつ、解放!

ケンスケさんからアドバイスもらう度に、どんどん声が出る。
いっぱい大きな声出したのに、喉がしんどくないのが不思議。

___________________________

 

カラオケで

気持ちよく歌えるようになるための

ウォームアップと瞑想だけかと

思いきや心のブロックの外し方まで

教えてもらえるとは思ってなかった!!


「歌ってゆるんで感覚解放」ってこういうことか!

 

数年前にボイトレを受けたことがあって

自分の声について少し知ることができたけど

 

それでもまだ気持ちよく歌えなくて

 

歌が上手い人が気持ちよさそうに歌ってるのを見る度に

 

「いいなー!上手に歌えなくてもせめて気持ちよく歌えるようになりたい」って思ってて

 

喉が弱いから気をつけながら

歌わないとすぐに枯れちゃうから気持ちよく歌えないんだけど

 

喉が弱くても気持ちよく歌える方法を教えてもらえた!


そして、気持ちよく歌えない理由には

喉が弱いからということだけしゃなくて

 

私がビートルズHey Jude

を歌ってるときにケンスケさんに止められて

私が声を思いっきり出せてない理由を教えてくれたんだけど…

 


それが、


「悲しさを我慢してるから」


って言われたときは一瞬

びっくりしたけどすごく腑に落ちた。

 ・・・・・・・

小さい頃から「人前では泣くな」と言われてきたから

悲しむことを我慢するクセがついたし

 

我慢できないぐらい悲しいときは

涙が何時間も止まらなくなるくらい

しんどくなる悲しみ方しかできないから

悲しまないように頑張った方が楽

 


…って思ってたけど

 

子供は、叫びたいときに叫ぶ

怒るときは怒る、泣くとこは泣いて

感じた瞬間に感情をすぐに出す

 


私は子供になることがテーマだと教えてくれました!

 

って他の人にも言われたことがあるけど

 

子供みたいにいたずらしたり遊ぶことはできるようになってきたけど
子供みたいに感情をためらわないで出すことはできてなかったし

そうすることが大事だと今まで思ってなかった。

 

でも、

子供のように軽やかに遊ぶように

軽やかに悲しめるようになったら

人生もっと楽しめるようになると思う!

 

そういえば、子供のころって

電車の中でも大声で歌ってたりしてたのに

注意されて気にするようになって

いつの間にか思いっきり歌えなくなってた。

 
感情と声のつながり声と身体のつながり

歌い手と聴き手のつながり人と神とのつながり

 
色んな繋がりについて

ケンスケさんに教えて頂いて学び多き一日でした。
 

駅から家まで歩いて帰るときに嬉し涙が出るくらい

今日は沢山の愛を頂きました!

 

f:id:meisoutoyama:20170414091430j:plain

 

今日は、とっても楽しみにしていた、meisouアーティスト大島ケンスケさんによる、声で行う感覚解放@恵比寿スタジオでした❤️

ツマリや滞りはないものの、もっと自分の感覚の解放をしていく...となると、更に深くに眠っていたいろんなものがボロボロと外れていって。涙が出てきます。・゜・

その先にあった解放の領域を、今日はほんの少しだけ体感できたことが、とっても嬉しかったな☺️

きっと、まだまだわたしにも、そして周りのみんなにも、あなたにもある。・゜・

開いていくセンス、解放できるエネルギー、それを放ち世界中の人々とアクセスできる領域が待っています。

ケンスケさんの声の感覚解放レッスンは、ほんとうにお勧めです。来月も楽しみ♪

自分の無限領域に飛び込んでいきたい方、本当の自分と出逢い、思いっきり表現したい、出し切ってみたいと思う方には、ほんとうにオススメ❤️

 

_____________________

 

と、このように。

 

僕の「声の感覚解放」は、

 

「ボイトレ」ってわけじゃなくて、

 

瞑想やら、エネルギーワーク、イメージワーク。

 

そして、グループでの「ハーモニー」「調和」することから、

 

本来の声を世界に響かせるためのワークです。

 

 

歌うって、

 

世界と繋がること。

 

繋がるって、 

 

自分を解放すること。

 

解放するって、 

 

最高に気持ちいいこと!

 

お待ちしているよ。

 

あなたの解放は、

 

僕の解放でもあるから!

 

世界で遊ぼう!

 

 

 

*1: °ω°

*2: °ω°