遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

自分の「本性」の声を聞いたリトリート。

 

昨日の続きです。 

 

loose-meisou.hatenablog.com

 

リトリート。

 

とっても楽しいリトリート。

 

エロトークもりだくさん、

 

怪しい話満載、

 

ハーブティー飲んだり、

 

お酒飲んだりして、

 

めでたしめでたし、

 

f:id:meisoutoyama:20170719075947j:plain

 

 

「じゃあ、明日の朝、瞑想しましょ〜」

 

的な感じで、23時30分頃かな、

 

それぞれの部屋に戻りました。

 

で、

 

僕と、トリトリと、

 

「山本ひろみ」さん(ちひろちゃんのパートナー)の3人で、

 

ソファに座り、

 

なんとなく、あれこれしゃべってました。

 

 

ちなみにひろみさんは、

 

あの「白魔女ちひろ」とずっと一緒にいるだけあって、

 

実は「見えちゃってる人」なんですね。

 

スピリチュアル能力が開発されてしまってます。

 

でも、基本的に「前」には出ません。別にお仕事ももってます。 

 

 

でね、

 

最初は笑い話だったんだけど、

 

僕の正直な気持ちを話した。

  

 

実はこのリトリート、

 

始まる前、

 

ちょっと「怖かった」んです。

 

僕はけっこう「サイキック能力」がある人を何人か知ってるけど、

 

そういう人って、

 

相手を見すかしてたり、

 

相手の裏側とかお見通しだったりする時があるので、 

 

得体のしれない「ちょっとした怖さ」があった。

 

今回も、長時間一緒にいるってことが、

 

なんとなく怖かった。

 

なんとなく、なんです。

 

漠然とした「恐れ」。

  

でもそれって結局

 

「見られたくないものがあるから怖い」

 

という自分の内側に行き着く。

 

で、

 

見られたくないものってなに?

 

と掘って行くと、

 

そんなもんはない

 

となった。  

 

癖、でもあります。

 

ずっと「閉じて」生きてきたからね。

 

感情を見せるのを恐れて生きてたし。 

 

でも、自分がいかに、

 

・かっこつけているか。

 

・まだまだ本音で生きれていないか。

 

という事に、実はこの一週間、気づいてた。

(蜂に顔を刺された、ってのも象徴的な出来事だったんです)

 

で、

 

そんな話をしてたら、

 

本性」の話になった。

 

自分には必ず本性があって、

 

それは、その人がいい人で、立派で、素晴らしければ素晴らしいほど、

 

本性はその正反対のものを持っている。

 

と、ひろみさん談。

 

で、この本性の声を「聞こえないふり」して、

 

その声からくる「行動」を制限したり、恐れているのは、

 

本当の自分を生きていない、

 

というような解説だったと思う。

  

 

ちなみに、

  

きっかけはこんな会話から・・・。 

 

初めて会った時から、感情を出すのが苦手な人なんだなぁって

 

そして、

 

カッコつけているケンスケさんは、実はかっこよくありません

 

が・・・がーん!!

 

でも、カッコつけてない時のケンスケさんは、そこそこかっこいいんです。自分で全然気づいてませんけど

 

・・・しょぼーん・・・

  

そこで、

 

本性の声を聞く、

 

という「ワーク」(?)のようなものをやった。

 

スピリチュアル・ワークです。

 

ひろみさんの誘導で、

 

僕の「本性」のエネルギーにアプローチしていく。

 

ひろみさんと僕の信頼関係も大事で、 

 

すぐに誰にでもできる、ってわけじゃないらしい。

 

で、

 

そのエネルギーは確かにあった。

 

子供だった。

  

大抵本性って「小さい子供」のようです。 

 

その子供は、

 

怒ってました。不機嫌そうでした。

 

僕はそれを感じ取った。

 

「彼は何を言ってますか?何をしてほしいと言ってますか?

 

僕は、その子供(エネルギー)と対話する。 

 

嘘つき!

 

と、僕に向かって言ってる。

 

かっこつけてんじゃないよ

 

とか、そんな事。

 

あとは「わーわー」騒いでいる。

 

 

悪意、って感じじゃないんだけど、

 

ものすごく、「嫌な奴」なんです。

 

その言い方とかが、雰囲気が、

 

これでもかってくらい、いや〜な雰囲気なんです。 

 

 

「それ」と向き合っていると、

 

本当に最悪な気持ちになります。

 

劇的に、最低な気分にしてくれます。 

 

そして恐ろしくなります。

 

だって、

 

「それ」は自分の本性だって、

 

すんごくよくわかるから。

  

 

で、

 

一番辛かったのはこれ。

  

 

自分の声で歌えてねえじゃねえか!

 

って言われたんです。

 

 

それまではエネルギーを「感じる」として、

 

「言語変換」して「対話」してたんですが、

 

かなりリアルに「聞こえ」てしまった。

 

 

胸に、特大の矢じりが突き刺さったような感じでした。 

 

一瞬真っ白になったけど、

 

すぐに悔しくて、

 

強烈な悲しみと、やり場のない怒りが湧き上がりました。

 

 

それは一番言われたくない事でした。

  

でも、言い返せない自分がそこにいました。

 

「こんなに頑張っているのに・・・・」

 

が、僕の第一声でした。 

 

そこで思わず泣いてしまいました。

  

僕が人前で泣くなんてまずない事です。

 

 

僕は「声の解放」ってのをやっているくらいです。

 

 

これは、長い時間をかけて、

 

修練と、努力と、研鑽と、手放すことをやって、 

 

ようやく身につけた声の奇跡なんです。

 

命かけて得た知恵。

  

 

それを全否定されました。 

 

他人なら聞き流せますが、

 

相手は自分の本性。 

  

 

悲しくて、悔しくて、胸が張り裂けそうになりました。

  

 

つまり、

 

僕はまだまだ自分の声で歌えてなかったって事なんです。

 

この事実は、

 

受け入れがたいものでした。

 

 

ひろみさんが、そんな僕をフォローしてくれて、

(このワークは、フォローがないと自殺しかねません)

 

一緒にいたトリトリもすごく優しくて、

 

見守ってくれました。

 

その後、

 

自分の心境をシェアして、

 

それからまたひろみさんの誘導で、 

 

自分の中の「4つの自分」と向き合うワークをやって、

(これは割愛します) 

 

エネルギーをまとめて、浄化して、 

 

それでなんとか身を保つことができました。

 

午前3時前くらいに、

 

ようやくベッドに入りました。

 

 

いつも、僕は一人部屋を好むんですが、 

  

今回は少人数なので相部屋。

 

でも、隣にトリトリが、すぐ上にひろみさんが居てくれてよかった。

 

もし一人だと、気が狂いかねないくらい「本性」の恐ろしさに、

 

打ちのめされて居ました。

 

目を閉じると、またさっきの「声」が聞こえそうで、

 

恐ろしかったけど、

 

案外すぐに寝れて、

 

一瞬で朝7時。目覚まし時計の音で目が覚めました。

 

起きてみると、

 

体はすごくすっきりしてて、

 

体幹のバランスが良くなってました。なんでやろ?

 

 

ちひろちゃんに指摘された、

 

僕の腰の左下にある、オーラの切れ目のようなものも、

(それが僕の慢性的な左膝の痛みと関係あるっぽい)

 

前日よりも小さくなって、良くなっているとのことでした。

 

 

朝、みんなで瞑想して、

 

みゆきさんやようこさんにハグをしてもらって、

 

ずいぶん元気になった。

 

やっぱ「ハグ」って大事やね。 

 

だから朝ごはんの時は、

 

女性のお尻について

  

という話題で、ひとしきり盛り上がってました。

f:id:meisoutoyama:20170718181441j:plain

(朝の木漏れ日のさすレストランで、お尻について語るひろみさん(笑))

 

f:id:meisoutoyama:20170719081628j:plain

 

前日に引き続き、

 

こんな上品な雰囲気の中、

 

お尻とセックスについて話すのは我々くらいでした(笑)

 

 

で、

 

ここもポイントでね。

 

僕が最近「エロネタ」的な全出しブログでブレイクしているのも、

 

「カッコつけてない自分」だから、

 

一番エネルギーが乗ってる。

 

と、ひろみさんやトリトリに指摘されました。

 

瞑想も、

 

スピリチュアルも、

 

いろんなワークの知恵や技術もいいけど、

 

 

ケンスケさんは、食事の時にふつーに面白い話をしている時が、一番輝いてました

 

 

これ、

 

実は今までも何回も言われてます。

 

でも、

 

この「ふつーの自分」ってやつが、 

 

ようわからんのですよ(笑)。

  

 

もちろん、

 

どんな時の自分も、全部「自分」だってことはわかる。

 

嘘を付いてたとして、 

 

本音出なかったとしても、

 

それも「自分」だから、結局は「嘘」なんてないし、

 

今まで関わってきた人たちに対して、

 

僕は嘘なんてない。 

 

ただ、 

 

中心軸にある、「ふつーの自分」ってやつ。

 

 

でも、

 

ここに気づけてよかった。

 

僕はより本性を感じながら、本音で生きていけるし、

 

自分の「声」や「歌」に、

 

まだまだ「伸び幅」があるってことがよくわかった。

(ライブの前に気づけてすげえよかった!) 

 

 

みっともなくて、

 

ださくて、

 

性格悪くて、

 

嫌なやつで、

 

すけべでエロくて・・・。

 

そんな自分でOKを出す。 

 

そんな自分も、愛しい自分。

 

かなりショックすぎたけど、

 

この「気づき」に感謝です。

 

ありがとう、ひろみさん。

 

そして、素晴らしいメンバーでした。 

 

あの仲間がいたからこそ、

 

僕は「気づき」があり、

 

癒された。

 

f:id:meisoutoyama:20170719082723j:plain

(わさびおろしそば)

 

f:id:meisoutoyama:20170719082726j:plain

 

諏訪四社を巡って、

 

ちひろちゃんとひろみさん、みゆきさんとはお別れ。

(山梨・静岡のイベントへ)

 

残った3人で、信州名物「そば」を食べました。

 

最後まで、とっても楽しいリトリートでした。

  

 

 

それにしても、 

 

まさか主催者である僕が、

 

 

あんなにズタボロになって、

  

涙を流して、

 

打ちのめされて、 

 

 「開眼」するとは思ってませんでした!!

 

  

でも、

 

主催者がこんなんだから、 

 

一緒に居た人も、

 

この波動は伝わっているので、

 

これからみんな、

 

じわりじわりと開眼します!!

 

間違いないっす。

 

 

f:id:meisoutoyama:20170718181354j:plain

 

と、いうわけで、 

 

mei-souアーティスト、大島ケンスケ。

 

もっと不敵に、

 

もっとエロく、

 

もっときわどく(?)

 

もっと全出しで、

 

生きて行きますので、 

 

みなさま、どうぞよろしくです! 

  

 

 

*メルマガにも、また違う角度からの内容を書くつもりです。お楽しみに。

_____________________

8月8日!

今ここを歌う独演会!

https://www.reservestock.jp/events/199916

歌、トーク、瞑想。mei-souアーティストの真骨頂の夜!

___________________

声からはじめる感覚解放」  

自分の声を通して、自分を全解放。

誰もが「自分アーティスト」です。

ただのボイトレではありません。

あなたの人生そのものが、声の魔法で変化します。  

次回は8月21日(月)です!

初めての声の解放

https://www.reservestock.jp/events/200927 残3名2名1名満席

リピーター枠の声の解放

https://www.reservestock.jp/events/200928 残3名

感想はこちら!

声の感覚解放! - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。 

_________________

鳥居ミコとケンスケによる諏訪リトリート。

8月4〜5日 残2名1名

◆8月4日~5日【諏訪湖リトリート】〜一般募集開始しました♡|心理セラピスト 鳥居ミコ の ブログ

7月24日、早割期間締め切り!

______________________

ご好評いただいている「0瞑想」の誘導動画はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=lnw68HYjo68

 
____________________

こちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

******* 

メルマガ登録はこちら!

ブログや、Facebookとはまた違うことを書いてます。

メールレターならでは、すこし深いお話も多いです^ - ^

大島ケンスケ おおしまけんすけ 「なんにもしない」が教えてくれる。瞑想な日々。

 

瞑想、入門のために!

大島ケンスケ おおしまけんすけ 気楽な瞑想。簡単入門レッスン。

 

meisoutoyama@gmail.com