読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

聖(性)なる山

歌ばか塾の「けー先生」とのコラボリトリート。

 

歌と瞑想と大自然。

 

これ最強の組み合わせだと思う。

 

4月21〜22日 

http://www.reservestock.jp/events/174248

残席2名

 

_________________

 

今年初「登山」は、

 

諏訪大社の御神体とされる「守屋山」へ登りました。

 

登るのは3度目です。

 

コースが二つあるんですが、

 

一昨年、息子と登った「立石コース」から登りました。

 

 

ここ最近、

 

「山へ登りたい!」 

 

って気持ちが強かった。

 

気持ち、というか、もはや「感覚」だよね。

 

そういう感覚には従います。

  

 

長野県の「諏訪」から、南側の「伊那郡」へ向かう

 

杖突峠」の途中に、登山道はあります。

 

で、その峠道の入り口に、

 

こんなものが・・・。

 

f:id:meisoutoyama:20170319143224j:plain

 

高さ60センチくらいの、ピラミッドとスフィンクスのモニュメント!

 

しかも安っぽい! 

 

 

前来た時は絶対無かったし・・・!

 

意味わかんないし!

 

 

ただね、

 

信じてもらえないかもしれないけど、

 

僕実は車運転しながら、

 

「ピラミッド」のことを考えてたんです。

  

守屋山はピラミッド山じゃないけど、

 

日本にはたくさんの「ピラミッド山」があって、 

 

山と言えば、そういう山にも今年は行きたいなぁ、

 

三輪山、位山とか、

 

って思ってたら、

 

こんなものがあってびっくり!

 

ただ、誰かなんのために置いたのかは不明。

 

なんの注意書きもなし。

 

ただ、こういう「シンクロ」が起きるって事は、

 

「その道でめっちゃオッケー」って言っているので、

 

僕が山に登る事は、今の自分に必要だって事だ。  

 

 

さて、

 

山へ。

 

 

そのコースは2年前に、不登校だった息子と登ったんだけど、

 

確か「巨石」がゴロゴロあったなぁと記憶してた。

 

岩が見たい、触れたい!

 

と、巨石フェチのケンスケさんは思ったのでした。 

 

では、お待ちかね、巨石マニアの方のために、

 

巨石写真を!

(俺以外にそういう趣味の人がいることを祈る! 笑)

 

 

f:id:meisoutoyama:20170319150027j:plain

 

 

f:id:meisoutoyama:20170319143238j:plain

 

 

f:id:meisoutoyama:20170319145956j:plain

 

f:id:meisoutoyama:20170319143235j:plain

(滝は凍ってて水はちょろちょろ)

 

f:id:meisoutoyama:20170319143237j:plain

(ここ、圧巻でした! 瞑想したら最高です! 

 

 

でね、

 

 

写真の通り、様々な巨石があったんですが、

 

 

この岩を見て欲しい!

 

f:id:meisoutoyama:20170319145439j:plain

 

 

御陰核岩

 

 

と書いてます。 

 

その時はね、

 

 

そんなに深い意味を考えなかったんです。

 

強いて言えば、

 

岩の形が「お尻っぽい?」って思ったくらい。

 

 

ん?

 

f:id:meisoutoyama:20170319143236j:plain

 

歩きながらね、

 

おや?

 

 

「・・・陰核?」

 

ってワードが気になりました。

 

「いや、陰核ってさ・・・。あれのこと?え、いやぁ、まさか・・・」

  

陰唇とか、陰核とか、

 

保健体育に詳しい僕ですら、

 

かろうじて知ってるワードなんですが、

 

(官能小説を読むと結構出る言葉です) 

 

 

気になってしまい、

 

一応スマホで「陰核」でググってみると、

 

やはり!

 

f:id:meisoutoyama:20170319144847j:plain

 

 

f:id:meisoutoyama:20170319144859j:plain

 

 

のことではないか!

 

おいおい、いいのか?

 

聖なる山、いいのか?

 

 

確かにあの岩の形、

 

お尻っていうより・・・

 

女性の・・・。 

 

うーん・・・。

 

 

しかも「」ってつけてるから、

 

やっぱ「女性崇拝?

 

これからの時代は「女性性の時代」だからか? 

  

さて、

 

一体どんな思惑で名前がつけられたのかはわかりませんが、

 

女性崇拝の古代文明の名残があるのかもね。

 

 

 

あ、古代といえば、ちょいと真面目な話するよ。

 

「守屋山」では、

 

御頭祭という、

 

謎のお祭りがあるんだけど、

 

鹿の頭を切って並べて、

 

縛られた少年を生贄にする謎の儀式。 

 

最後はナイフで縄を切り、少年は助かる。 

 

 

旧約聖書の中でも、

 

アブラハムが神様(ヤハウェー)から、

 

「モリヤの地へ行き、山へ登れ」

 

とメッセージがあり、

 

生贄の「羊」と、幼い息子を連れて行く。

 

息子も生贄に差し出せと、神に言われて、

 

アブラハムは神を信じて、息子をナイフで刺そうとしたところ、

 

すんでのところで神の許しを得て息子は助かるという。

 

 

いや、

 

おんなじやんけ!

 

諏訪と古代ユダヤ

 

同じことやっとるやん!

 

 

という、諏訪には古代のミステリーがたくさんあるんだけど、

 

この「ユダヤ」との関わりは、本当に不思議です。

 

 

 

さて、

 

山頂付近には雪が残っていて、

 

けっこう歩きづらかった。

 

 

でも、 

 

スタートからちょうど1時間で山頂へ。

 

f:id:meisoutoyama:20170319143232j:plain

1631メートル。

 

f:id:meisoutoyama:20170319143231j:plain

(他の登山者に撮ってもらった)

 

 

f:id:meisoutoyama:20170319143230j:plain

 

裏にこんな祠があって、 

 

物部守屋神社 奥宮」とあります。

 

物部氏といえは、歴史の授業で名前くらい聞いたことあるかな?

 

権力争いに破れたけど、

 

おそらく「古代ユダヤ」の一族だったのでは? 

 

と言われています。

 

f:id:meisoutoyama:20170319143228j:plain

 

 

僕は去年ここに来た時、

 

不思議な香りを嗅いだ。

 

花なんてないのにね。

 

で、今日も。

 

風に乗って、「あまーり香り」がふわりと鼻をついた。

 

とても不思議な場所なんです。

 

ちらほと登山客はいたので、

 

人気のない岩場の影で、

 

まずは裸足になって「アーシング

 

f:id:meisoutoyama:20170319143229j:plain

山のエネルギーを、肉体にしっかり感じて、

 

体にたまったエネルギーを手放します。 

 

これ、めっちゃ元気になるからおすすめよ!

 

そして、

 

瞑想しました!

 

うーん、

 

やっぱ山の上の瞑想は最高です。

 

一番好きな時間かもしれない。

 

 

しばらくして、

 

騒がしい一行が登って来たので、

 

僕は下山。

 

でも、

 

また岩場で瞑想して、

 

のんびりと帰りました。

 

 

それにしても、

 

f:id:meisoutoyama:20170319144847j:plain

f:id:meisoutoyama:20170319144859j:plain

 

には驚きましたけどね。

  

帰りに、

 

その岩の「割れ目」のところで、

 

めっちゃ拝んで来ました! 

 

 

この世界の全ての女性が、

 

幸せであるように!

 

 

うーん、人に見られないでよかった(笑)

 

クリ○リス岩の前で熱心に入りのを捧げる男って、

 

 

かなりマズイでしょ? 

 

 

よし!

 

今度さ、この「聖なる山へ登る!」ツアーをやろう。

 

諏訪大社の御神体。

 

すっごいパワーです。

 

弾けます。

 

 

「山」とか「岩場」は「男性性」のエネルギーをぶち上げるので、

 

ビジネスとか、仕事とか、そういうエネルギーをもらえます。

 

そんで瞑想で「女性性」を調えれば最強です。

 

乞うご期待!

  

 

_________________

 

 

メルマガ登録はこちら!

ブログや、Facebookとはまた違うことを書いてます。

メールレターならでは、すこし深いお話も多いです^ - ^

大島ケンスケ おおしまけんすけ 「なんにもしない」が教えてくれる。瞑想な日々。

 

最高の感覚解放、Open Sense!

  

大島ケンスケによる、

瞑想と感覚解放のメソッド!

 

次回は3月28日。

18時〜21時。

都内のホテル(ビジネススイート)にて。

Open Sense ワン・デイ参加 申し込みフォーム

*初回の方は、30分ほど講習があります。  

 

解放の八ヶ岳リトリートの参加はこちら。

Open Sense 八ヶ岳リトリート

1泊2日で、八ヶ岳の大自然の中、

とことん解放します。 

 

_____________

______________________

 

歌いたい!

 

って想いを感じますか?

 

それは「解放したい!」ってこと。

 

僕と一緒に、

 

世界に放ちませんか?あなたのその声。

 

3月20日 夜活!今ここ歌の会!

満席!

 

3月29日

声ではじめる感覚解放。

こちらはリハーサルスタジオで、みっちりと向き合います!

http://www.reservestock.jp/events/177047

3名募集です。 

 

個人レッスン、応相談です!

27日全日。28日、夕方まで。29日午後。

 

甲府市松本市でのセッションも受け付けます。 

 

__________________

_____________________

大人気の「0瞑想」の誘導動画はこちらです。

 

www.youtube.com

 

 

_____________________ 

 ______________________ 

 

4月9日の「パスタ瞑想」 満員御礼

 

4月15日「おやつ瞑想」 残1名 

名古屋近郊の方!ぜひ会いに来てね!

Mei-souアーティスト × おやつ工房Sorairo* おやつ瞑想会

 

 

______________________ 

 
個人セッションも行ってます。 
 
料金は20000円です。
 
都内に滞在中、マンツー・マンで、じっくりとお話をしたい方向け。 
八ヶ岳でのセッションは応相談。
 
あなたを覆い、ブロックしている「膜」を外すワークもやります。
お金、パートナーシップ、あらゆるブロックをエネルギー的に解除していきます。 
 
ご希望の方はメッセージください(アドレスは下記)。
もしくは、Facebookメッセンジャーにて。
(繋がってない方は友達リクエストもね)
 

 

こちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

******* 

meisoutoyama@gmail.com

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ