読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

出雲で感じた、日本の夜明け。ツアーレポート。

 

出雲を巡る瞑想と感覚解放の旅。

 

無事に終了!

 

いやぁ、

 

行った行った。

 

とことん回った。

 

これでもかってくらい、

 

出雲を満喫したツアーでした。

 

どんな流れだったのか、おさらいするね。

 

あ、ちなみに、

 

今回のプラン、

 

全然タイムスケジュールとか、

 

組まなかった。

 

昨年、

いろんなリトリート企画を成功させてきた僕ですが、

 

今回は、

 

かなりノー・プランでやらせていただきました!

 

 

もちろん、

 

行きたい場所はあった。

 

でも、

 

前回のブログに書いた通り、

 

神魂(かもす)神社のこと、前日まで名前も知らなったのに、

 

急遽友人達に話をされたから行ってみたりね、

 

時間も「みんな〜、どうする〜?」

って感じで、 

その場その場で、

メンバー全員で創っていった。

 

  

そんなツアーありか?

  

 

お金もらっておいて、

 

そんな

「行き当たりばったり」ツアーの主催するってどうよ?

 

それも急遽、

 

「あ、僕一人で全部運転するのもあれなんで、だれか手伝って」

 

とか言って、レンタカーの運転をちょこっと手伝ってもらったりね、

(もちろんレンタカー会社に免許証出してます) 

 

主催者として、

色々とみんなに役立つお話もすべきなのかもしれませんが、

 

f:id:meisoutoyama:20170128070015j:plain

 

この人がこれまたいいことたっくさん言ってくれるから、

 

僕は僕でのんびりしてたり、ね。

 

 

で、どんな感じだったかレポートをば。

 

28日。

 

午前10時〜11時半。  土砂降り!

12時 ぴこ登場。そこで見事に雨、やむ(笑)。

でっかいハイ・エースのレンタカーで松江市方面へ。

13時 神魂神社参拝。

ここでかなりみんなやられる(笑)

 

f:id:meisoutoyama:20170128070018j:plain

 

14時半 熊野大社参拝。

f:id:meisoutoyama:20170128070020j:plain

狛犬が尾をあげてる)

 

f:id:meisoutoyama:20170128070021j:plain

15時  冷えたので、なぜかファミレス「ガスト」へ。

 

16時 宍道湖の見える美術館で、ぼんやり。

 

f:id:meisoutoyama:20170128070019j:plain

(手前には雪が残ってる)

 

17時 宿到着。みんな温泉でリラックスしまくる。

 

食前瞑想。

 

19時 食事。わいわいと、お酒飲む人は飲みながら、和食メニュー。

 

部屋に集まって、お菓子買い込んで、お酒とジュース買い込んで、

修学旅行気分!

 

 

23時半 解散。それぞれ部屋で風呂。(部屋風呂も温泉。しかも岩風呂!)

 

29日  

 

7時半 集合 宿の隣の「須佐神社」へ!(男子2名寝坊 笑)

 

f:id:meisoutoyama:20170129172518j:plain 

 

f:id:meisoutoyama:20170129172516j:plain

 

f:id:meisoutoyama:20170129172520j:plain

超寒い。けど、超気持ち良い。

f:id:meisoutoyama:20170129172519j:plain

(境内に差し込む朝日)

 

8時半 朝食。質素な和食。旅館の朝ごはん。

 ついつい美味しくて食べ過ぎる。

 

9時半 出発。

 

10時 出雲大社参拝!

f:id:meisoutoyama:20170129172521j:plain

 広いからね、かなりのんびりしました。

f:id:meisoutoyama:20170129172514j:plain

 

f:id:meisoutoyama:20170128191740j:plain

 歩くだけで、いるだけで瞑想やねん。

     

f:id:meisoutoyama:20170128191734j:plain

全員集合!

ぴこさん、ゆうにゃにん、あきえちゃん、タニー、テラさん、ひらっち、まさとさん。

(男の人がこんなにたくさん来るこの手のイベントって珍しいよね)

 

彼らは僕が呼んだのではなく、

出雲に呼ばれたんです(笑)

 

11時半 稲佐の浜へ。

 海岸で裸足になり、海で浄化!岩場で瞑想。

f:id:meisoutoyama:20170128191739j:plain

  

f:id:meisoutoyama:20170128191738j:plain

 そこから偶然神事が始まる。

 旧暦のお正月だから、初詣の人たちだった。

 様々なメッセージをいただきまくる!

f:id:meisoutoyama:20170128191732j:plain

みよ!噂の「狼雲」!

 

12時半 車で20分ほど海岸線を北上し、

 日御碕神社へ。

 

f:id:meisoutoyama:20170129173452j:plain

 

f:id:meisoutoyama:20170128191737j:plain

 ここでようやく、

 様々なメッセージやインスピレーションが繋がり、

 一同鳥肌もん。

 その内容はいずれ・・・ふふふ(笑)

*メルマガにはざっと書いちゃったけど。

 

14時 神社参拝のあと、神社近くで「イカ焼き」を食う。

   めっちゃうますぎて、急遽そこでお蕎麦やら、ぜんざいやらで食事に。

(ちょっと怪しげなスピリチュアルお兄さんがいて、イカ焼き3本食ってた) 

15時 「経島」見学 路地を通ると、犬が吠えかかり、猫が寝そべってた。

f:id:meisoutoyama:20170128191736j:plain

(猫さんはどこに行っても猫さん。きままにゃなぁ)

  

神の島。経島(ふみしま)は、一般ピーポーは入れない島。

f:id:meisoutoyama:20170129173431j:plain

なので遠くから眺める。

もう、パワースポット行きすぎて、その場のエネルギーがようわからんくなってた。

でも気持ちいい場所でした。

 

f:id:meisoutoyama:20170128191733j:plain

 

さて、 

 

こんな感じのツアーでした。

 

レポート、いかがでしたか?

 

写真とかからも、

 

出雲パワーが満ちているから、 

 

今日のブログは、

 

眺めるだけでご利益あり、

運気上昇、

商売繁盛、

家内安全、

良縁あり(笑)

 

 

 

終始、ゆるゆるで、

 

瞑想も、一度グループ瞑想したけど、

 

あとは個人で「感じてください」ってだけだった(笑)。

 

ひとりひとり、感じて感じて、

 

たくさん開いたと思う。

 

一人で頑張ってもしゃーないんだよね。

 

だから、僕はみんなと創りたかった。

 

もちろん、ある程度のプランは立てるし、

 

主催者としての責任や、

リスクマネジメント的なことは考えてた。

 

でも、

 

とことんゆるーくやってみたんですよ。

 

そしたら、

 

めっちゃくちゃ楽しすぎた。

 

 

どう?

 

楽しそうでしょ?

 

またやるよん。

 

適当に、

 

瞑想と感覚解放の旅と称して(笑)、

 

あなたと一緒に作るツアー。

  

行きたいところ、たっくさんあるからね。

 

あ、まずはこれなんてどうよ?

 

ハワイ。

 

きいちゃんは僕以上に天然地球っ子。

やばいツアーになること、間違いなし。

ハワイに呼ばれている人がいるんだよ。

ぴんと来た人、

それは呼ばれるのかもよ?

詳細はこちら

大島ケンスケ おおしまけんすけ 斎藤きいちゃんと行く!ハワイ島、瞑想ツアー

 

______________________

メルマガ登録はこちらから

 ↓ (無料のステップメールレッスンもあるよ)

http://www.reservestock.jp/page/step_mails/15304

 

大島ケンスケの提供するメニューはこちら

www.reservestock.jp

 

「Open Sense継続コース」募集中です。

すべては「日常に落とし込んで」から始まります。

ただの「感動」や「刺激」では、

人生は変化しません。大事なのは日常です。 

感覚解放しに、会いに来てね。

 

 

ご好評の「0瞑想」誘導動画はこちらのブログ内から。

「0(ゼロ)瞑想」誘導動画。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

こちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

歌とトーク、そして瞑想。

 

今ここを歌う、夜の会  2017年 3月9日

 

声トレのけー先生と!

詳細はこちら↓

www.reservestock.jp

 

音楽は女性性を解放し、高めるのに素晴らしい「今ここ」エネルギーです。

******* 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

 

ご質問、ご相談はこちらのメールか、

Facebookのメッセージで。

 

meisoutoyama@gmail.com