読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

自分の中のタブーを越えて・・・!

 

Facebookの投稿とかで、

 

夢を語る人っているじゃない?

 

自己開示も兼ねて。

 

なんか、実はそういう投稿や、

 

そういう人に「もやもや」してる自分に気づいた。

 

そもそもね、 

 

告白しちゃうとだよ、 

 

僕ってずっとFacebookなどのSNSで、

 

自撮りしてたり、

 

食べたもんのっけてたり、

 

いちいち今の感情呟く人、

 

そういうのを見て、

 

 

心の中でディスるタイプでした。(笑)

 

 

 

 

 

はい、

 

実はそれ、

 

自分もやりたかった!

 

ってやつですね。

 

自分がほんとはやりたいのに、

 

我慢してる事を、

 

誰かが平然とやってのけてるのを見ると、

 

羨ましい〜、俺だって〜

 

って自分の本音や感情を見たくないから、

 

「けっ!アホじゃねえの!てめえのブサイク面見て誰が喜ぶんだ?」

「うわー、こいつぜってえ加工しまくりじゃん!いたたっつーの!」

「おいおい、実力以上のデニム履いてイキってんじゃねーよ!尻の贅肉壊疽すんぞ!」

「はいはい、カフェでケーキ食べて、横にさりげなく本?なにそれ?さりげなくアピってる?おしゃれっぽい本読んでます〜って!」

 

と、

 

相手を批判、否定し、

 

自分を一段階「上」に置くことによって、

実は一番「イタイ」自分を見ないで済ませてました。

 

でも、ある時気づいちゃったんですよね・・・^^;

 

あ、俺も、やりたいんだ・・・!

 

衝撃でしたよ・・・。その本心を知った時は。 

 

だから、

 

いざFacebookやブログで、自分が顔出したり、

日々の投稿をするってことって、

 

 

めっちゃハードル高かったです!

 

 

最近になって僕の事知った人には、

 

ちょっと意外かもしんないけどね。

 

そんな過去があったんです。 

 

f:id:meisoutoyama:20161217100317j:plain

(今では高級ホテルのスイートルームで、こんな事しとる(笑))

 

でね、

 

ずいぶんいろんなものを「許せる」し「好き」になった。

 

まあ、自分を許して、好きになったからね。

 

でも、

 

なんか夢物語を語る人とか、

 

壮大なことばかり言うような投稿がたまに目につくと、

 

ふーん・・・まあ、いいんじゃない・・・。うん

 

って、さくっと思ってたんだけど、

(知り合いなら、応援するぜ!って思いつつね)

 

なんかね、

 

「ちょいとちょいとお兄さん・・・」

 

って、自分の心の声に気づいた。

 

そこで、内面をよく「感じて」みると、

 

ああ、おれ、 

 

もやもやしとる!ざわざわしとる!

 

と気づいた。

 

つまり、

 

心のどっかでね、

 

「おいおい、そんなビックマウス、本当にできんのかよ〜?」

「そういうのさ、もっとこう、ある程度体験とか積み重ねてから人に言うもんちゃうの?」

 

って、思ってたんだ。

 

その奥には、

 

 

できなかったらどーすんだよ!

「簡単にできるわけねーじゃん!」

  

 

っていう、

 

自分でも超おどろきの本心があった。

 

この「できなかったらどうするんだ?」って言葉、

 

若い頃、一番僕が言われるとブチギレそうになる言葉だった。

(その時点で自分が一番そう思ってたって事だよな 笑)

 

十代後半、二十代前半の頃。

例えば親から、

 

「東京に行くだと?あんなトコ人の住むトコじゃない!音楽で飯食うなんて一部の人間だけだ!失敗したらどうするんだ!」

 

例えば教師から、

 

「いいか、まだお前は世間を知らないから言っておくけどな、うまくいけばいいぞ?でも、うまくいかなかったらどうするつもりだ?」

 

例えばバイト先のおせっかいな先輩から、

 

「は?ミュージシャン?おいおい、人生甘くないぞ!お前さ、それで成功しなかったらどうするつもり?」

 

いつもここで若い頃の僕は、

 

「なんでそういう後ろ向きな事しか考えられないの?俺は天才だから!一部の人間だから!」

とか、

「じゃあ、あんたは何かにチャレンジしたんすか?命かけてやったんすか?こちとら命がけでやってんすよ!」

って、言い返したりしてた。 

(実際そういう事すぐ言う人って、自分自身では何か情熱もってチャレンジした事ない人なんだよね) 

 

思い返せば、その頃の僕って、超ビックマウス人間だった。

「俺は坂本龍一に続きグラミー賞を取る」

「俺って存在感だけでノーベル平和賞とるから」

「俺の歌で戦争のない、平和な世界をつくる!」

「ミリオンヒット?いやいや、俺のライバルはマイケル・ジャクソンくらいかな」

とか、高校生くらいから、相当すごい事言ってた(笑)しかも本気で。

 

でもね、

21歳の頃、呼吸不全と「うつ」で、一時活動を断念して、

それから日常生活はこなせても、

若い頃のように、ガツガツと夢に向かって走るって体力もなかった。

 

そのうち借金に追われ、日々に追われ、 

結婚して、就職して、子供が生まれ、

時間に追われ、お金に追われてるうちに、

ミュージシャンは「夢」から「趣味」になり、

自分の中には「俺は挫折したミュージシャン」という肩書きが生まれた。

 

かわりに「小説家」という夢を見つけたが、

誰にも言わず、ネット上でペンネームで書いたり、

ひっそりした夢だった。妻からも「親戚には言わないで」と言われたしね。

僕自身、「プロになってから言おう・・・」なんて思っていた。

まったくもって「今ここ」を生きてなかった・・・。

 

東洋哲学をずっと自分の芯にしてたけど、

基本的なアプローチで、

「言行一致」がある。

言ってる事に、行動が伴っていなければならない、

というやつだ。

 

これを間違った解釈で、

弱気な自分に都合よく受け取っていたってのものある。

 

「やってる→言っていい」じゃなくて、 

 

「人に認められる結果が出る→言っていい」

って風になってた。

あくまでも「行動」だから、

「結果」が伴っているかなんて、

どうでもいいのにね。

 

だから僕はいつもプロじゃない自分をいつも恥じてた。

失敗した自分、挫折した自分を、

いつも責めていた。

今も書いてて、とても悲しくなる。とても辛くなる。 

 

だから、知らずうちに僕の中で、

 

できてない事は言ってはいけない」 

 

という、変なタブーが生まれてたらしい。

 

つーか、

 

なんてことだろう・・・!

 

去年から、

そういうタブーに、一番取り組んできたはずなのにね。

 

「これっと言った修行歴」なし、 

「実績」なし、

「肩書き、資格」なし、

「コネ、人脈」なし、

「資金」なし。

 

で、

瞑想を広めよう!って、

mei-sou(瞑想)アーティストと名乗り、

事業を始めたのにね。

 

まだまだ心の中には、

変なタブーやわだかまりが、残っていたようどす。

 

こうやって

「しょぼい自分」

「ダサい自分」

「しょっぱい自分」

に、

気づいてそれと向き合って感じ切るのは、

けっこう辛い作業なんだけど、

気づいたら手放せる、自由になるから、

また一つ、

僕は握りしめてたもんを放し、自由になれるって事だね。

 

さて、

そこに気づいたから、

 

さっそくここで僕は大きな夢を語らせていただきましょう!

  

 

・インディーズ出版のCDで、前人未到の売り上げ。配信数で海外チャートに!

・短編小説集が、世界15カ国で翻訳され、世界的大ヒット!

・日本発!「mei-sou」が世界でブーム!大島ケンスケ、mei-souライブ、ワールドツアー。

・フランス、イタリア、アメリカに、mei-souセンター設立。

・日本から、瞑想を通した精神的文化が始まる。

・芸術、スピリチュアルを通して、世界に真の豊かさを示す!

・迎賓館にて、世界のリーダー達の前で、音楽とmei-souのパフォーマンス!

 

 

ふうー、

 

書いてしまった・・・。

 

書いてて「もさもさ」するわぁ〜。

ざわざわすんわーね。

 

 

でも、

こうしてビジョンがあるってことは、

それは絶対叶えられるってことなんだよね。

 

叶えられないビジョンは見れないからね。

ビジョンが見れるって事は、

それは既に在る、ちょっと違う次元の自分の姿を見てるって事だ。

自分が、次元上昇すれば、絶対それを体験できる。

 

さ、

次はあなたの番です!

 

別に大それた夢とか、大きな事じゃなくてもいいよ。

 

でも、自分が「なりたい自分」のビジョンとかあるでしょ?

「やってみたいことをやってる自分」のビジョンあるでしょ?

それを書いてみるといい。

明確にするんだ。

そして「人に伝える」んだ!

この「宣言」ってとっても大事だよ!

このコメント欄でもいいs、Facebookでもいいし、

僕に教えてくれると嬉しいな^ - ^

応援するよ!人から応援されるってさ、

それだで「願望実現」へのパワーが「プラス」されてるから。

それほど「人の想い」は強いんだよ。

 

f:id:meisoutoyama:20170118123721j:plain

 

___________________________

 

 

出雲を巡る瞑想の旅!

出雲を巡る、瞑想と感覚解放の旅

現在5名さま参加!

残席2名!

 

ワイ島、ナチュラルでスピリチュアルなリトリート!

大島ケンスケ おおしまけんすけ 斎藤きいちゃんと行く!ハワイ島、瞑想ツアー

 

______________________

メルマガ登録はこちらから

 ↓ (無料のステップメールレッスンもあるよ)

http://www.reservestock.jp/page/step_mails/15304

 

大島ケンスケの提供するメニューはこちら

www.reservestock.jp

 

感覚解放しに、会いに来てね。

 

瞑想や感覚の解放って、

 

継続して、日常に落とし込む事で効果があるから。

 

ちょこっとやるより、

 

一緒に向き合って、感覚を開いて、奇跡を目の当たりにできれば、

 

僕も幸せです。 

 

 

ご好評の「0瞑想」誘導動画はこちらのブログ内から。

「0(ゼロ)瞑想」誘導動画。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

こちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

歌とトーク、そして瞑想。

 

大島ケンスケ Live!  2017年 3月上旬

 

近日公開予定。

 

音楽は女性性を解放し、高めるのに素晴らしい「今ここ」エネルギーです。

******* 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

 

ご質問、ご相談はこちらのメールか、

Facebookのメッセージで。

 

meisoutoyama@gmail.com