読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

どうしたら「幸せ」になれるかを、ずっと考えてきたんだ。

 

僕らはどうして生まれたのだろう?

 

なんで生きているのだろう?

 

どこから来て、

どこへたどりつくのだろう?

 

 

僕は子供の頃から、

こういう事をよく考える方でした。

 

自分自身に対して、

 

自分を取り囲む環境に対して、

 

自分の望んだものと、

 

自分が持っているもののギャップに、

 

いつも納得してなかった。

 

 

僕がどうして今、

 

mei-souアーティストなどと名乗り、

 

瞑想や、

 

感覚の解放とか、

 

そういう事をやっているのか。

 

どうして人を調えたり、

 

心を楽にする術を知っているのか。

 

 

それは僕がずっと、

 

「どうやったら幸せになれるのだろう」

 

と、

 

考え続けてきたからだと思う。

 

 

中学生の頃、

 

母が原因不明の病気で入院し、

 

その母が作った多額の借金が発覚し、

 

我が家は本当にどん底になった。

 

父は借金返済のため、一日中働き続けたが、

 

家には本当にお金がなくて、

 

平成の世にはなかなか味わえない、

 

「貧困」を味わった。

 

色気付いてきた頃、

 

服とか、そういうお金はもちろん、

 

食事に困ることがたびたびあった。

 

鯖の缶詰を数日分に分けて、

 

かろうじて残ったご飯を食べたり、

 

給食のパンをこっそり持ち帰ったり、

 

菓子パンを万引きしたこともあった。

 

兄は兄で、

 

「助けて」を恥じらいもなく言えるから、

 

うまいことを友人のお恵みに預かっていたが、

 

僕は「助けて」が言えないので、

 

ただただ耐えて、

 

それでも明るく振舞って、

 

嫌な事を忘れるためにギター弾いたりピアノ弾いたりして、

 

歌ばっかり歌っていた。

 

 

母が退院すると、

 

憎んでも憎みきれない母親の介護。

 

下の世話までやらなければならない。

  

「どうしてこんな目に合うんだろう」

 

僕は神とか、運命とか、

そういうのを全部呪った。

 

高校を出て、バイトして金を貯めて、

逃げるように家を出た。

自由になりたかった。

 

そして手に入れた自由を謳歌し、

僕は作曲の仕事にありついたり、

音楽関係者とコネもできて、

レコード会社のプレゼンライブに出たり、

順風満帆なスタートを切った。

 

しかし、

ある日頭の中で、

「バチンッ!」と音がした。

 

世界が一気に2トーンほど暗くなり、

呼吸が苦しくなった。

 

原因不明の「呼吸不全」から、

うつ、パニック障害睡眠障害

 

何もできなくなった。

 

そこから数年間、生きているだけで必死で、

毎日毎日「自殺」することばかり考え続けた。

 

死なない程度にできる呼吸。

借金しながら、休み休みアルバイトして、

帰るところも、頼るところもなく、

生き地獄な毎日を過ごし、

 

僕はまたも人生を呪った。

 

そこから東洋医学、東京哲学に出会い、

 

数年かけて心身の健康を取り戻していった。

 

 

と、

 

ここまで書くと、

 

苦労話で、

 

「悲惨な人生ねぇ」ってなるのだが、

 

僕はおかげで、

 

考えるテーマが与えられ、

考える時間が与えられた。

 

つまり、

 

苦労なんてないし、

失敗なんてないんだよね。 

 

その中で、

いろんな不可思議な体験をしたり、

知識ではない真理に出会ったりしてきた。

 

で、

そんなこんなありながら、

僕はずっと考えてた。

 

 

どうしたら人は幸せになれるのか?

 

そもそも「幸せ」とはなんなのか?

 

 

これらの問いに、

 

一つ一つ体験を重ねながら、

 

多くの方向から試行錯誤して、

 

様々な「原則」や「真実」に出会ってきた。

 

 

一概に、

 

「こうすれば幸せになれますよ」

 

なんて言える答えはない。

 

だって、 

 

僕とあなたは違うから。

 

どんな優秀なカウンセラーやコンサルタントだって、

  

そんな明確な答えなど持ち合わせていない。

 

やるのは自分だし、

 

その人の人生だから。

 

 

だけど、

 

枯渇してる人へ、

 

命を泉の在り処を、指ししめすことができる。

 

それがコンサルタントやカウンセラーの役割。

 

でも無理やりのその水を飲ませることは誰にもできない。

 

泉の在り処まで行き、飲むのを選択するのはその人自身なのだ。

 

 

僕らの人生はそんな「選択」の連続だ。 

 

メンターに頼るのは大事だし、

 

人に「助けて」と言うことも必要だ。

 

だけど、

 

結局は自分だ。

 

決めるのも、行うのも自分。

 

 

あなたが選択に迫られた時、

 

何を頼るのか?

 

経験、知識を総動員しても、

 

次から次へと、

 

未経験で難解なミッションがやってくる。

 

それが人生というゲームだから。 

 

だから、知識と経験が役に立たない事の方が多いのだ。 

 

ではどうするか? 

 

それはあなたの「直感」しかない。

 

 

あなたの「バランス感覚」や、

 

あなたの「アイデンティティー」や、

 

あなたの「信念」で、

 

その選択を決断する。

 

 

その直感は行き当たりばったりなのだろうか?

 

いや、

 

実はそこにも「原則」はちゃんとある。 

 

直感だって、

 

ギャンブルめいたものとは違う。 

 

 

どうすれば、

 

その直感に出会い、

 

それを信頼する原則と照らし合わせれるか。

 

 

それは、

 

感覚を開く、という事だ。

 

あなたが開けば開くほど、

 

その直感に信頼が生まれ、

 

叡智が降りてくる。

 

瞑想も、

 

感覚を開くために、

 

とても優れたツール。

 

 

どうやって開くのか?

 

簡単だ。

 

「感じること」

 

あなたが1秒感じれば。

あなたは1秒分開く。

 

感じれば感じるほど、

あなたは開き、

あなたは直感を受け取れる。

 

Open Sense(オープンセンス」は、

 

そのための実践的なワーク。

 

ショートプログラムを名古屋と東京で開催し、

 

参加者のエネルギーが開いていくのが、手に取るように感じられた。

 

 

これは、1日ではもったいない。

 

だから、

 

もっと長いスパンで向き合える、

 

コースメニューにした。

 

3ヶ月。

 

一緒に感覚が解放されるていくのを感じながら、

 

世界への美しさと、信頼を取り戻したいと思う。

 

 

結局僕らは、

 

誰を信じるのか?

 

人を信じるのか?

 

いや違う。

 

全部自分だ。

 

人を信じる、ってのも、信じた自分を信じる事。

 

そして選択するのは自分。

 

答えは全て、

 

内側にしかない。

 

外側にはヒントや啓示は満ちているけど、

 

大切な答えは、

 

いつも自分の中。

 

感じよう、自分自身。

 

 

 

 詳細はこちら↓

Open Sense 東京「感覚解放」コンサル募集

 

大阪開催も考えていましたが、とりあえず東京に絞ります。

 ___________________

大阪! 
 
12月15日 

大阪で、感覚解放と瞑想体験、エネルギーセッションやります。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

5席3席2席1席!
 
満員御礼!
 
 
2017年 2月某日
 
ビジネスのための瞑想講座。
 
スピリチュアリティを高める瞑想講座。
 
東京、名古屋で開催予定。
近日詳細公開します。 
 
*大阪はまだ未定です。

 

リトリート企画も、

密かに進めています。

 

八ヶ岳は冬はおやすみですが、

いろんな土地との龍脈をつなぎ、

豊かさを循環させます。

f:id:meisoutoyama:20161125094055j:plain

 

ご好評の「0瞑想」誘導動画はこちらのブログ内から。

「0(ゼロ)瞑想」誘導動画。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

_____________________

 

__________________

ちなみにこちらでは僕の歌が聴けます。

歌の動画。YouTubeに貼ってみた。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

音楽は女性性を解放し、高めるのに素晴らしい「今ここ」エネルギーです。

******* 

 

 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

 

ご質問、ご相談はこちらのメールか、

Facebookのメッセージで。

 

meisoutoyama@gmail.com

 

*個人セッションは通常受け付けておりませんが、

希望の場合はメッセージをください。

 

*東京、名古屋以外でも僕の瞑想を受けてみたい、

 という方もメッセージください。