読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

「手放す」って、ちょっと辛い。

受け取る スピリチュアル

 

今回のテーマも「手放し」です。 

 

以前好評いただいた記事はこちら↓

「手放す」って、どういう事か? - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

手放すってのは「循環」ですね。

 

「手放す」

「受け取る」

 

お金を払う(手放す)から、手に入る。

これは当然だけど、

あらゆるものが「循環」の対象になる。

 

例えば人間関係。

例えば環境。

例えば仕事。

そしてそれらは全部リンクしている。

 

この9月は天体の動きとか、

宇宙的な話とか、

スピリチュアルなレベルにおいて、

様々な変化が多い時期です。

 

僕もこの時期は何かと「手放し」が多いんです。

 

あ、当たり前だけど、

 

「手放す」=「やめる」

 

ってことでもある。 

  

 

そんな僕の、この秋一番大きい「手放し」は、

 

合気道」です。

 

そろそろ3年になります。

現在2級。来月には1級の昇級審査を控え、

そのあとは初段。黒帯となるはずでした。

 

そもそも、

「自分の体と仲良くなるため」に始めた合気道なのに、

やればやるほど、

不自然になっていくのを感じたからです。

 

もちろん、合気道は素晴らしい武術です。

敵を敵とせず、

あらゆる相手と和すことを目的としてます。

 

しかし、

昨年に膝を痛めたことをきっかけに、

膝をかばうようになり、

様々な体の妙技を学びましたが、

自分の心と体がバラバラになってるのが現状でした。

 

ほとんどの技の「型」を覚えたのですが、

そもそも、その「型」そのものが

日常とかけ離れた不自然なものですからね。

合気道家を目指すならまだしも、

週に1、2回の稽古で、

師範のような体さばきを会得するには、

何年かかるやら・・・。ってくらい難しい。

 

僕は常々、 

 

今、やりたいことだけをやる」 

 

を徹底しているんだけど、

するとわずかな違和感も見逃せなくなってきます。

 

そこを「我慢」でスルーさせると、

その「違和感」が大きくなっていきます。

膝の痛みもその顕現化なのかもしれません。

 

f:id:meisoutoyama:20160926121651j:plain

 (この道着姿もこれで見納め。お世話になった)

(あ、この写真、手からエネルギーでてるわ。感じてみて)

 

辞めると伝えると、 

「もったいない」

と、師範や先輩、仲間にも当然言われましたし、

自分でも思います。

ここまで技術を身につけるのに、

長い稽古が必要でしたからね。

 

でも、

僕は「今」のために、

合気道を手放します。

 

いつか、

老後の楽しみにまた始めるかもしませんが、

「いつか」なんて未来に期待はしてません。

 

 

あと、

これはシーズン的にまだ終わってませんが、

「田畑」も手放します。

 

僕はそもそも、

東京を離れて田舎暮らしを始めた理由の一つに、

「自給自足」という目的がありました。

 

自然農という、機械、化学物質を一切使わず、

耕しもせず、自然の循環のままに栽培するという農法を学び、

それで米野菜を栽培していましたが、

だんだん「違和感」が多くなってました。

 

植物も生き物です。

時期やタイミングがあり、

世話をする義務があります。

 

僕はご存知の通り、「義務」が嫌い。

 

だから田畑は今シーズンで終わりにすることに決めました。 

 

入り口は「現代文明への否定」から始めた「農」の世界だったけど、

土と触れあい、植物を育てる喜びを通して、

たくさんの「愛」を学びました。 

 

プランターでトマトやレタスを育てるくらいなら適当に続けるけど)

 

他にも、

企画していたイベントを白紙にしたり、

以前3年以上書いていたブログを閉鎖したり、

手放すことが多い。

 

f:id:meisoutoyama:20160927084243j:plain

(朝の散歩で拾った栗。秋ですね。手放せば、拾うものあり?) 

 

手放し作業は、

けっこうしんどくもある。

場合によっちゃすげえ疲れる。

 

 

その疲れからなのか、

色々と嫌なタイミングが重なるもので、

親戚づきあいとか、

そういう事に巻き込まれてて、

妻が不機嫌になりやすく、

お互いぶつかる事も当然多いとか、

リトリート企画の集客が芳しくなく、

収入的にかなり不安定で、

またまた金銭面の不安があらわになるとか、

そうなってくると、

そもそも自分の仕事全般に自信がもてなくなるとか、

もう何もかも全部放り投げてとんずらしたくなったりと、

大島ケンスケさんは感じてます。

 

うん?

なんか変な言い回しだね。 

 

そうなんです。

変なんです(笑)

瞑想が深まって、

自分と世界の分離感がなくなると、

自我が薄れてくるので、

「俺が○○と思った」という感覚から、

「大島ケンスケさんは○○と思っている」という、

妙な客観的視点に移行している。

 

これに関しては、また近いうちに書きます。

 

 

とにかく、

昨日とかなんて1日気分は最悪最低で、

何にもする気が起きなかった。

 

こういう日も在るんだよねってわかってても、

いざそうなると、

やっぱ嫌なもんは嫌だよね。

 

こういう時、

どうすればいいのか?

気分転換して忘れるのは簡単だよ。 

でも僕は気分転換はしない。

それじゃあまたすぐ同じ事になると知ってるからね。

散々その繰り返しをやってきた(笑)

 

だから嫌な気分の時は、

とことん嫌な気分になる。

へこむ、すねる、いじける。

不安になる。泣く。怒る。八つ当たりする。

それでいいんです。

 

そんなもんです。

 

それをやり切ったら、

自然に状況が変化していくんだよね。

 

f:id:meisoutoyama:20160927084031j:plain

「俺はそんなんどーでもいいにゃ」 

 

_____________

 

東京瞑想体験会 10月20日

東京で瞑想体験会やるよ! - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

大阪、名古屋も11月に開催予定です。

詳細は後日!

 

******* 

リトリートで、

一緒に時を過ごしませんか?

実はそれが一番強烈に、

あなたの「今ここ意識」を創造できる。 

 

まずはこちら↓

 

10月27日。

 

ひすいこたろう×大島ケンスケ

 

あのベストセラー作家と、素顔のリトリート。

ひすいさんを、八ヶ岳で「体験」しましょう。

ものの見方が変わるどころの騒ぎじゃない!

ひすいさんを感じる事で、自分の限界を軽く突破する。

  

残席5名!

loose-meisou.hatenablog.com

  

11月10日〜12日

 

本田晃一×大島ケンスケ&河野嘉恵

 

体感型のセミナー・リトリート。

現代が誇る「心のあり方」のコンサルのパイオニア

本田こーちゃんと2泊3日、がっつり過ごせる企画はここだけ。

目からうろこ?

いやいや、

目ん玉飛び出るよ。

 

9月中にお申し込みされた方は、早割適用!

loose-meisou.hatenablog.com

  

11月22日

 

けー先生と歌ってゆるむ八ヶ岳リトリート!

歌は瞑想と同じ。

ゆるめばゆるむほど、あなたは幸せになってしまう!

loose-meisou.hatenablog.com

________________________ 

 

 八ヶ岳mei-sou  メニュー 

 

・事業者向けの、世界に一つのコンサルティング

 感覚を解放する。Open Sense(オープンセンス)

 次世代のリーダー達へ。

 あなたの本当の才能を、

 世界を輝かせるために使ってください。  

loose-meisou.hatenablog.com

  

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

その他質問、ご相談、お気軽にどうぞ。

meisoutoyama@gmail.com