読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

ちょっと不思議な話 8 「私」について

 

久々の不思議シリーズ。

 

一応このシリーズのリンク👇

ちょっと不思議な話 1 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

ちょっと不思議な話 2 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

ちょっと不思議な話 3 天の声 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

ちょっと不思議な話 4 猫の気持ち - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

ちょっと不思議な話 5 過去世について - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

ちょっと不思議な話 6 神様について - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

ちょっと不思議な話 7 神様について 2 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

今日はですね。

 

ちょっと難しかったらごめん!

って感じで。 

「ノン・デュアリティ(非二元)」

な話なんですが、

僕の体験を踏まえて、

あなたがあなた自身だと思っている「」ってものについて、

僕なりの解釈でお話ししてみましょう。

 

あなたが「私」だと認識できる、

って事は、

すごくおかしいんです。

 

だって、

あなたの意識が「私そのもの」だとしたら、

私を認識できないはずなんです。

「私」を「客観的」に見れるから、

「私」という認識があるんです。

 

この「さとうみつろう」さんのブログが、

今までこの手の話を読んだ中で一番わかりやすかったかな・・・

①あなたはだあれ?|笑えるスピリチュアル ~ 知ってるトキはシっている ~

でもちょっと難しいかも(笑)

 

もちろんこの考え方も、

この世界では一つの「視点」であり、

宇宙上の「座標」「ゼロ・ポイント」の捉え方でもあるんだけど、

 

こんな考えもあったのかぁ、へえー・・・

 

って感じで、のほほんと受け取ってもらえると、

また一つ新たな感覚が手に入ると思います。

 

そして「自分」だと思っている「自分」が(あなたの事ね)、

ストーリーの中の登場人物だと認識できれば、

我々は目の前の出来事に一喜一憂する事なく、

一歩距離を置いて考えられる。

 

いや、別に喜んだり、楽しむのはいいんですよ。

でも、

「苦しい」や「辛い」は嫌じゃん?

そこで、

一歩その「苦」と「辛」から距離をおく事で、

客観的に見る事ができて、

受け流す事が可能になるんです。

 

 

何度かブログで書いているんだけど、

僕はかつて呼吸の病気で死にそうになってた時期があって、

その極限の絶望状態で、

自分の中に「完全な静寂」に出会ったんですね。

でも当時はそれがなんなのかわからなかった。

 

瞑想するようになって、

それが「本質」であり「神」であり「ゼロポイント」であると、

後付けで知ったわけだ。

 

どうしてそれを理解できたかと言うと、

初めて「マントラ」瞑想をした時の体験が大きい。

 

スピリチュアル界の大御所、

阿部敏郎さん夫妻から「フル・フィラメント瞑想」の、

マントラ伝授を受けて(現在は違う瞑想法です)、

瞑想した時、

僕はいわゆる「一瞥(いちべつ)体験」というのものをしてしまう。

(ちなみに23歳頃から座禅はしていたから、瞑想初心者ではない)

 

一瞥体験って何かというと、

「空(くう)」と呼ばれる世界に意識が移行する事なんだけど、

僕はそこで、

自我というものが「ない」を感じた。

 

まずここでおかしいんだよね。

「ない」を「ある」として感じたわけだ。

それは同時に、

「ある」は「ない」であり・・・。

 

うーん、

なんと言っていいのかわからん(笑)。

不思議でしょ?

不思議な話だからね。

だって僕ったら、

その瞑想会で、

一人だけ笑ってましたからね。

だってそうでしょ。

自分がいない、んですから。

笑うしかない。

 

 

ちなみに僕は昔から中国古典が好きで

その中でも一番ぶっ飛んでいると言われている、

荘子」さんの中で、

 

 

吾、我を喪う

 

 

というくだりがあるんだけど、

まさしくこんな感じかな。

 

自我、は「あった」んだけど。

真我(吾)という「存在」そのものがある。

 

それは「分離」がないという事。

 

分離というのは、

「わたし」と「わたし以外のすべて」

から始まり、

今あなたがこれを読んでいる、

「文字」も「スマホ(PC)」も、

壁も空間も椅子も机も、

あなたの意識が名称をつけ、機能をつけ、

分離させているだけ。

赤ちゃんにはそんな認識ないから、

全部が一緒くたに見えているでしょ?。

 

それらが全部「ひとつのもの」として「在る」状態。

それが「分離がない」というおかしな状態。

 

不思議なんだけど、

「時間」や「意識」ですら、

それはその「大いなる一つ」に含まれている。 

 

いわゆる「ワンネス」っつうヤツですね。

 

それを僕は「体験」と「記憶」で認識した、というわけだ。

素粒子レベルで、それは科学的に証明されている) 

 

日本で瞑想指導している人で、

僕くらい「修行」してない人はいないと思う。

 

だって修行はいらないってそこで完全にわかったからね。

別にその「一瞥体験」をするために瞑想をするわけじゃないけど、

(したいと思っている人はできないんだなこれが)

確実に意識は深いところに降りれる。

そこで「直感」や「インスピレーション」は受け取りやすくなれるからだ。

 

で、

僕は「自分」というものを喪くし、

ただただ世界の一部として存在していた。

3日間くらい、

そんな状態が続いた。 

 

 

その数日間は、

僕にとって大きな体験だったんだけど、

 

はっきり言ってしまうと、 

 

 

退屈そのものだった。

 

 

 

世界は「ただ在る」だけ

分離がないって事は、

ジャッジがない状態。 

つまり

「良い」も「悪い」も、

「善」も「悪」も、

「美」も「醜」も、

「聖」も「邪」もない。

それら「二元論」を超越してしまうと、

人は退屈してしまうらしい(笑)。

 

つまり、

僕らは「ジャッジ」がある程度は必要なのかもしれない。

ジャッジのせいで僕らは傷ついたり、苦しんだりするんだけど、

この二元の世界で「あーでもない、こーでもない」という、

ドラマを演じるのが、

楽しみでもあるらしい。

ある程度ね。

 

何事もバランスって大事だから。 

 

 

でもこの世界の源流は、

宇宙には何ひとつ「意味」などなく、

世界は「ただ在る」だけ。

僕らはストーリー。

 

まるでこの世界が一枚のDVDのような感じだ。

 

再生している時は、

それに感情移入する。

この3Dバーチャルはリアルすぎるから、

それを僕らは「自分」だと思い込んでしまうが、

それはストーリーの中の主人公の視点。

再生してる間はもちろん時間が流れて体験できるんだけど、

DVD自体はただの「データ媒体」だ。

「空」の中にいると、

そのDVDそのものを見ている、

そんな感じ。

 

うまく伝わるかな?

 

伝わらないよね(笑)

 

でもなんとなく、

そういう事がこの世界の「源流」にあるとだけ、

知っておくのも面白い。

 

目を閉じて、

ただただ感覚になる。

思考から離れて、

自分の本質に近い部分へ、意識を向ける。

 

時々、

自分の体を忘れるような事がある。

それがこの感覚に近い。

 

 

すると、何が起きるか?

 

 

 

別になーんにもありゃせんよ(笑)

 

 

 

って事を痛感する。

 

この前も書いたけど、

「ぱっかーん」とか、

そういうのまずないから。

 

ただ、

リラックスできて、くつろげる。

体にもいい。

これで十分。

おまけとして、

ありのまんまの自分に気付ける。

ありのまんまで「いいかも?」って、

気付ける。

 

人生はただのストーリー。

 

特に意味はない。

 

あなたが「失敗」だと思っている事なんて、

 

ただの物語の一部。

 

意味もない。

 

だったらさ、

 

ちょこっとくらい無茶な事、

 

チャレンジしてみてもいいんじゃない?

 

人が何を言おうとも、

 

やりたい事だけやってみてもいいんじゃない?

 

本質のあなたは決して傷つかないし、

本質の他人も決して傷つかない。

 

なんとなくでもそう思えればさ、

ぐっと楽になるでしょ?

 

以上、不思議な話でした。

 

 

まずはこちら↓

 

「個」の中でこそ、本当の自分と出会える。

自分の軸があるから、ビジネスやパートナーシップが上手くいく。

生まれ変わり続ける藤井みのりさんが、

あなたの本音を磨きあげる!

  

10月2日 藤井みのり×大島ケンスケ

 

残席 3名!

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

まだまだ続く!

10月27日。

 

ひすいこたろう×大島ケンスケ

 

あのベストセラー作家と、素顔のリトリート。

ひすいさんを、八ヶ岳で「体験」しましょう。

ものの見方が変わるどころの騒ぎじゃない!

ひすいさんを感じる事で、自分の限界を軽く突破する。

  

残席5名!

loose-meisou.hatenablog.com

  

11月10日〜12日

 

本田晃一×大島ケンスケ&河野嘉恵

 

体感型のセミナー・リトリート。

現代が誇る「心のあり方」のコンサルのパイオニア

本田こーちゃんと2泊3日、がっつり過ごせる企画はここだけ。

目からうろこ?

いやいや、

目ん玉飛び出るよ。

loose-meisou.hatenablog.com

  

________________________ 

 

 八ヶ岳mei-sou  メニュー 

 

・事業者向けの、世界に一つのコンサルティング

 感覚を解放する。Open Sense(オープンセンス)

 次世代のリーダー達へ。

 あなたの本当の才能を、

 世界を輝かせるために使ってください。  

loose-meisou.hatenablog.com

  

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ

その他質問、ご相談、お気軽にどうぞ。

meisoutoyama@gmail.com

f:id:meisoutoyama:20160630144156j:plain

Photo by Chiaki Toyozumi