読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

瞑想のある日常。

 

この前、本屋さんをぷらぷらしてて、

 

メンタリスト・DAIGOの本を立ち読みしたんです。

f:id:meisoutoyama:20160828112137j:plain

 

ウィッシュ!

 

あ、じゃなくてこっちだ!

 

f:id:meisoutoyama:20160828112154j:plain

そう、

この本。

 

いやね、

このDAIGOさんも、

「瞑想」は毎日しているんだって。

 

タイトル通り、集中力を養うために、

常に脳を「休ませる」のが大事で、

そのために一回「5分」の瞑想を、朝晩やるといのは、

とても脳に良い。

彼の神がかり的な観察力、直観力に、

実は瞑想はとても役立っていたんです。

 

まあ僕から言われると、

「当然じゃん」

って感じです。

瞑想が脳や肉体にどんな効果をもたらすのか、

それはもう散々研究されているからね。

 

だからアメリカのトップ企業が、

こぞって「マインドフルネス瞑想」を取り入れている。

ナイキ。

グーグール。

アップル。

ワーナー。

インテル

ゴールドマンサックス。

 

スティーブジョブズを筆頭に、

瞑想をしているビジネスマンは多い。

 

「豊かさ」とか「月7桁」とか、

そのために必要なものってなんだろう?

アイディア?

集客力?

オリジナリティ?

メンタリティ?

存在給?

もちろんそれらは関係あるだろう。

様々なやり方もあるし、

心のあり方があり、メソッドがあり、

なんらかのスキルも必要だと思う。

 

でも、

すべてにおいて基盤になるのは、

 

「集中力」

「直観力」

「センス」

 

瞑想したからといって、

「月7桁稼げます」

なんてことぁない。

黙ってて金が降ってくる事はない 

 

ただ、ビジネスとか、パートナーシップとか、

あらゆるシーンで波に乗れるための、

「土台」を作れる。

 

インスピレーションなしに、アイディアは生まれない。

直観力なしに、タイミングはつかめない。

センスなしに、人を惹きつけることはできない。

 

僕がこれからやっていきたい事は、

 

「Open Sense(オープンセンス)」

 

自然のエネルギーを体感し、

 

mei-sou(瞑想)を通してて、

 

センス(感覚)を解放していく。

 

基本はコース形式になると思うけど、 

 

単発メニューや、リトリートでも、

その手法は使っていく。

 

感覚を、解放しよう。

 

その集中力も、

その直観力も、

そのセンスも、

 

あなたに「+(プラス)」するものではない。

もともと、あなたに備わっているものだ。

 

瞑想によって、

自分の内側にエネルギーを向ける事で、

それを思い出す事ができる。 

 

つまり、

自分本来のポテンシャルで、

世界を遊べるようになる。

 

物事がうまくいかないのは、

本来持っている力を出してないだけ。

 

みんな、

すごい才能を持っていて、

すごいパワフルな力を持っている。

 

思い出そう。

そのためには、

感覚を解放しよう。

Open Sense(オープンセンス)

 

八ヶ岳で、

本当の自分を思い出す。

 

まずはこちら↓

「個」の中で、本当の自分と出会う。

自分の軸があるから、ビジネスやパートナーシップが上手くいく。

10月2日 藤井みのり×大島ケンスケ

残席 5名!

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

まだまだ続く!

10月27日。

ひすいこたろう×大島ケンスケ

 

あのベストセラー作家と、素顔のリトリート。

ひすいさんを、八ヶ岳で「体験」しましょう。

 

*募集は9月1日より。

loose-meisou.hatenablog.com

 

現在、mei-souメニュー、個人セッションは改定のため休止中です。

 

お問い合わせ、質問など、

 

meisoutoyama@gmail.com

 

 

mei-souアーティスト 大島ケンスケ