読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

常識ってなんやろね?

 

僕は自分で言うのもなんですが、

 

数々常識を破って生きてます。

 

それまで親とか社会から習い、培った常識。

 

これらを壊すたびに、

自分が自由になる。

そしてどんどん幸せになる。

 

そもそもmei-sou(瞑想)がその極致で、

それまでは「何かをする!」ことによって、

人は幸せになるって教えられてきた。

頑張る、

努力、

我慢。

これが必須だって。

しかし、

「なんにもしない」が、

一番僕を幸せにしてくれた。

 

 

さて、昨日は久々に八ヶ岳へ登った。

山歩きはよくするけど、

山頂まで行ったのは今年初だ。

f:id:meisoutoyama:20160604103728j:plain

左上にちょろっと見えるのが「富士山」。右側は南アルプス連峰。

 

天気も良く、登山客は多かった。

だから「権現岳」まではいかず、

手前の「ギボシ」と呼ばれる小さい山の山頂で、

瞑想していた。

標高2700メートル。山頂は風も強い。

寒いのに、不思議と瞑想している平気だ。

 

さて、

僕は山登りにも、

ちょこっと常識破りなことをしている。

 

「朝ごはんはきちんと食べないとだめ」

 

これは運動全般に言われることだ。

特に登山のような、長時間体力を使うものには、

必須だと思われている。せめて「バナナ一本でも」とか、

そういう登山ガイドさんも多い。

 

しかし、

 

僕は朝食は食べないんです。

 

てゆーか登山の日は、

 

むしろ食べないんです。

 

もちろん万人にあてはまらないのは知っている。

あくまでも僕の場合だ。

 

普段から血糖値が高い人だと、

低血糖症になるかもしれない。 

僕は食べてから登ると、

どうも体が重いし、

感覚の冴え方が鈍る。

空腹の方が、

本来の「野生的」な勘が冴えるようだ。

 

 

ちなみにいつも持って行くのはこれ。

f:id:meisoutoyama:20160604103729j:plain

 

 

梅干しだけ。

(お水とね)

 

 

ここにも一つ常識破りがあります。

 

疲れた時は甘いもの!

 

って常識。

 

カロリー云々はあるけど、

この「甘いものは疲れが取れる」ってのは、

ちょっと勘違いが多い。

 

それはね、血糖値上昇による、

 

脳の興奮です。

 

つまり、

 

「疲れが取れた感」があるだけで、

 

実は肉体的にはそんなに回復していない。

*ただ意識が強くそう信じればそうなりますけどね。それは上級者編。

 

 

肉体的に疲労に一番効くのは「塩分」と「クエン酸」です。

疲れた時こそ、「梅干し」です。

 

もしおやつにカロリーと糖分が欲しいなら、

「煎餅」がいいですね(しょうゆ味)。

お米の糖分はじっくりと血糖値をあげるので、

急な上昇はないし、塩分も取れる。

 

そして僕はなんと、

さらに常識破りをしています。

 

 

3時間くらいなら休憩なしです。
(立ち止まって水くらいは飲みます)

 

 

これも僕の場合ですよ?

普通はした方がいいかもしれない。

ただ、僕の「山歩きmei-sou」に来てくれた人ならご存知ですが、

僕は心身を「疲れにくい状態」にするための、

様々なテクニックを駆使しています。

・A10神経を繋ぐ方法、

・地球の電力を受け取る、

・大気中の電力をチャージする、

・体の滞ったエネルギーの流れを瞬時に整える、などなど。

(そんな技まで伝授しちゃいます)

だから、

あまり疲れないので休憩する必要がないんです。

 

f:id:meisoutoyama:20160604103727j:plain

特に意味はないけど、山頂での自撮り。

 

 

あと靴。

 

普通登山靴は「足首」までがっちりガードしているのが常識。

 

足をひねった時の捻挫防止。

もあるらしい。

 

でも僕の登山靴はこれ。

 

f:id:meisoutoyama:20160604103730j:plain

足首のガードがない。

 

これももちろん全員にあてはまらないと思うけど、

僕に関しては足首が自由な方が動きやすい。

体の機能は「遊び」がある方がいいと思う。

たまに転ぶことくらいあるけど、

僕は上半身を脱力しているから、

すぐに立て直せる。

だから捻挫とかしたことはない。

骨盤から上が硬くなると、

足首に負担がかかるのだ。

人間は本来、

転んでもすぐに持ち直せるくらいの「野生」を持っている。

それを信じているから、

捻挫防止なんて考えてない。

 

日常にたくさんある、

常識。

僕らは自分でも気づかないうちに、

数々の常識の中で生活している。

 

そういうのを、

一つずつ見直しみればいい。

「違和感」があるなら、

勇気を持ってやめること。

それが僕らを自由にする。

 

いよいよ本日20時、受付開始⇩

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

 

6月20日 満月と夏至の陰陽パワーに乗る!

グループ山歩き瞑想&セッション 残3名 残2名!

残1名となりました! 

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

6月9日 東京で個人セッションします。

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

 

『0(ゼロ)瞑想』。 

自分の中に、手つかずの場所がある。

台風の目のように、動いていない場所がある。

それが僕らの「本質」。

本質はゆとりと安心そのもの。

本質に出会う時、人は生まれ変わる。

 

こんな方に、ゼロmei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約2時間)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

38888円 

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

58888円 

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、瞑想状態を維持し続ける事により、

体の芯に溜まったカルマを手放し、

本質の自分からのメッセージを受け取れるよう、

全身全霊でサポートします。

 

128888円 

 一ヶ月のメールサポート付き。

 昼食、温泉つき。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*全てに送迎つき。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。

 

f:id:meisoutoyama:20160528082128j:plain

mei-souアーティスト 大島ケンスケ