読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

ネガティブ・メソッド

 

日本中のネガティビアンのみなさまこんにちは。

 

今日も元気にマイナス思考していますか(笑)?

 

いやね、

 

この前のお金の話、

月7桁(あと少しで!)達成。 - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

えらい好評をいただきました。

ありがとうございます。

 

しかし誰かに言われたわけじゃないんですけど、

後からあの記事を自分で読んでみると、

よくまあここまでモロ出しするもんだ、

フルチ◯で街歩いているようなもんだぜ、

ってウケつつ(そこまで恥ずかしくないよ)、

まるで僕が「ポジティブ野郎」な感じがして、

二重に笑えた。

 

僕はこの、

「ポジティブ」と「ネガティブ」で分けるのって、

なんか違うよなって思っているんです。

 

だって事実は「ポジ」と「ネガ」の二元論ではなく、

「中立」であり、「本質」があるから。

 

ただ、傾向として、

「ポジティブ思考」な人と、

「ネガティブ思考」な人がいます。

 

そして僕は完全にネガティブ思考です。

 

すぐ心配するし、

すぐ不安になるし、

すぐ悪い結果を考える。

 

ちなみに遺伝子レベルでこれは決まってて、

日本人は世界でもっともネガティブDNAが多いとか。

さらに僕はそこに、僕の上をいくネガティブな父の影響を受けている!

 

以前はこんな自分が嫌でした。

前向きに考えれる人を、羨ましく思った。

 

えー、

そりゃ嫌になりますよ。

 

「俺ってなんでこんなマイナス思考なんだ!」

って、そんな思考のるつぼにはまるたび、

怒りすら湧いた。

 

でも、ある時期から、

 

 

あきらめました。

 

 

ネガティブな自分を、

 

あきらめて、

許して、

受け入れました。

 

もうしゃーないからね。

 

「だって不安になっちゃうんだもーん」って、

開き直った。

 

そして最近知ったけど、

「不安」ってなくならないんだね。

どんどん無くなるって思ってたけど、

そういうことじゃないらしい。

ステージが変わっても、

何かやるたびに、その度に新しい体験の中で、

不安とか焦りとか、いろいろ感じながらやってくのは変わりない。

ビビりはビビりのまま。

ビビりなりのやり方がある。

 

 

 

そこでむしろ僕は、

とことん考えるようになりました。

 

 

何を考えるかって?

 

 

 

それは、

 

 

最悪の想定です。

 

 

何をするにも、

 

都合の良い未来の結果と、

都合の良くない未来の結果がイメージできます。

 

 

僕は基本的に、

 

悪い風に考えてしまいます

 

 

「直前で病気になったらどうしよう」

「前日に地震がきたらどうしよう」

「事故にあったらどうしよう」

「トラブルが起きたらどうしよう」

 

こういう気持ち、

「ネガティビアン」で、

「自己肯定感低く」て、

「自分に自信がない人」にとっては、

 

 

 

 

日常茶飯事だと思うけどさ、

 

 

 

 

どーせならよ、

 

とことん想定してみるんだ。

 

マジで最悪な状況を。

 

 

「うわ!これ以上ないわ〜」、ってくらい、

 

最悪の状況を考えたら、

 

 

2つやる事がある。

 

 

1つは、

そうなってもいいや」って思えるようになるまで、

自分を許し続ける事。

 

だって考えてみてよ?

 

失敗したっていいじゃない?

うまくできなくたっていいじゃない?

直前でこけたっていいじゃない?

みんなに大迷惑かけたっていいじゃない?

謝ればいいんじゃない?

 

 

それはただの「体験」になるだけだ。

 

 

 

だから何があっても大丈夫なんだよね。

どうやら僕らはそういう存在としてできてる。

なんか知らんけど、

絶対大丈夫な存在。

 

 

もっと言ってしまうとさ、

最悪のシチュエーションにおいて、

 

いきなり爆弾テロにあって、うんこ漏らして爆死する

 

ってイメージがあったとして(笑)、

 

 

「死んでも大丈夫」

 

なんですよ。 

 

溺死でも、交通事故死でも、くも膜下出血でも、自殺でも、毒殺でも。

 

僕はほら、瞑想とかやってっからなのかわからないけど、

「自分の肉体は死んでも、存在は死なない」って、

めっさ知ってるからね。

 

「死」そのものは怖くない(痛いのはちょっと嫌)。

 

これはね、一つ一つ訪れる不安や恐れを、

しっかりと「心」で感じ取っていけば、

そのうち許せるようになるから。みんなできるから。

 

 

そして次にやる事!

 

それは、

 

 

選択です。

 

 

これ大事。

テストでるぜ。

 

 

そのイメージした最悪の想定を選択するのか?

 

って事です。

 

 

大前提として、

 

僕らは選択できる存在なのです。

 

自分で、どんな自分になるか、

決めちゃっていいんです。

 

 

この世界は多次元宇宙論的だから、

 

その最悪な世界は、確かに存在している。

 

ただ、

今この次元の自分が、

そこを選ぶのかどうかってだけ。

だからどんな最悪のイメージしたっていいんです。

それで「引き寄せてしまうぞ〜」なんてほざく、

「引き寄せ論者」には言わせておけばいい。

思考だけでは引き寄せれないから。

 

 

それで、ただただ目の前の事を一つ一つ、

丁寧にやってくだけ。

楽しむだけ。

 

それで大抵うまくいく。

 

もちろん、

やってみないとわからない。

でもこのネガティブ・メソッドをうまく使えていたら、

もしあんまり結果が芳しくなくても、

失敗しても、

 

想定の内」だから、

あまり慌てないし、

そんなに困らない。

トラブルにも冷静に対処できる。

 

テンパる時ってさ、

基本「想定外」なわけじゃないっすか?

 

でも「想定内」なら、

 

「あちゃ〜、そう来たか!」ってくらいよ。

 

つまりこれって、

かっこよく言っちゃうと、

 

リスクマネジメントってやつだね。

 

f:id:meisoutoyama:20160520141647j:plain

山に行くとよくこんな看板ある。

 

けど僕はほとんど熊よけの「鈴」を持たない。

最悪の想定をして、自分はそれを選ばないって決めるから。

(秋の南アルプスの登山は鈴持ってった方がいいよ)

 

 

今日は満月。

手放せ手放せ。

これから「山歩きmei-sou」です。

グループは初めてなので、とても楽しみ。

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

 

mei-sou(瞑想)とは。

物質(肉体)レベルで自分の存在をただ「感じる」こと。

ただ意識で「感じる」だけで、我々の肉体は「ゆるみ」ます。

肉体がゆるむことで、目に見えない自分=精神・意識の解放に繋がります。

自然の中に身を置くことで、普段閉ざされている感覚が開きます。

それが真のリラックスと、安らぎへと呼び水となり、心身が整います

ゆるみと解放により、インスピレーション(直感、第六感)が高まります。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約90分)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

20000円

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

40000円

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、瞑想状態を維持し続ける事により、

体の芯に溜まったカルマを手放し、

本質の自分からのメッセージを受け取れるよう、

全身全霊でサポートします。

 

100000円

 一ヶ月のメールサポート付き。

 昼食、温泉。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*全てに送迎つき。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。

 

f:id:meisoutoyama:20160520141612j:plain

mei-souアーティスト 大島ケンスケ