読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊ぶ、伝わる、ただ座る。

世界はシンプル。力を抜いて、本音で生きる

僕らは今も子宮の中

 

mei-sou(瞑想)してて、ちょっと不思議な体験をしました。

瞑想時はそういうことがたまにあります。

 

ふと、自分がどこかにいるような、不思議な感覚。

暗く、温かく、ゆらゆらとしてて、浮かんでいるような。

僕はそこがすぐに「子宮」、つまり母の胎内だと気づきました。

時々、そんな深い部分の記憶にアクセスしてしまうことがあるんです。

これは「意図」してはできないし、

それを「意識」してはそこに行けません。

本質に身を委ねた時、そんな事が「必要なら」起きるだけです。

 

僕は母のお腹から生まれて、

38年経ちました。

しかし僕の今までの人生。

全部全部、子宮の中で胎児が見ている「夢」だと感じました。

 

人生は夢。

人生はゲーム。

 

それは悲観的な意味でも、

後ろ向きな意味でもなく、

ただ漠然と、

そう感じた。

 

そんな状態をしばらく僕の「自我」は楽しんでいたんだけど、

また違う感情が、次から次へとやってきた。

「不安」

「怒り」

「悲しみ」

「孤独感」

胎児には本来、そんなものはない。

プカプカと、気持ち良く揺られているだけ。

でも胎児は確実に、それを「自分のもの」として感じている。

そう、

 

「母親の感情」なのです。

 

母の感情は、そのまま胎児へ伝わっています。

特に強くて荒い感情ほど、よくよく感じている。

 

胎児は母と一体。そして、母への無償の愛がある。

だから母の悲しみも、怒りも、

全部全部自分のものとして受け止めるのです。

もちろんこれは完全に「愛」が由来。そこを忘れないでほしい。

僕らは生まれながらにして、愛な存在。

 

僕は母が一人の人間として、

僕を腹に宿しながら、

とっても辛かったのだと知った。

とっても孤独だったのだと知った。

とっても不安だったのだと知った。

そして母自身も、

そのまた母、そしてそのまた母と、

延々とこの苦しみを引き継いでいると、

それも感じた。

 

僕はmei-sou中といえど、「僕の自我」をちゃんと持っていたので、

それらを冷静に「観察」できた。

胎児として一体化していた時は、それを全部自分のものとしてしまうから、

母の悲しみだと気付けなかった。

 

しかし、羊水の海で起きた、その孤独と不安。

それは胎児にとって、大きな大きな出来事。

世界のすべてが、その波動で埋め尽くされたような。

だから、それをずっと引きずっていくはめになる。

 

今、あなたが漠然と感じる不安。

今、あなたが漠然と感じる孤独。

 

それは実はあなたが作ったものではなく、

お母さんが感じていた世界観なのだ。

「漠然と感じる」ものほど、

その可能性が高い。

 

子宮委員長はるちゃんのダンナさん、

岡田哲也さんのブログタイトルが

「母の呪いを解放し・・・」ってあるけど、

僕らは本当に「母の呪い」をダイレクトに受け取っている。

これを「呪い」っていうとネガティブな感じがするけど、

残念ながらネガティブな感情って、

荒く、強い波動なので、胎児の記憶に残りやすいのだ。

 

だから、これから妊娠する人、

今現在妊娠している人。

リラックスしてほしい。

くつろいでほしい。

その方法を探してほしい。

今、いろんな人が、そのメッセージを送っている。

*瞑想だって、とても役立つリラックスツールだ。

 

安らいだ気持ちが、そのまま赤ちゃんへのメッセージになる。

世界は優しく、平和なのだと。

反対に不安や怒りや悲しみが多いと、

それは赤ちゃんに「世界はそういうもの」だと伝えている。

現に僕らのほとんどが、

そういうメッセージを受け取って、この世に生まれてきた。

だから生まれた時泣くのだ。

安心感に包まれて生まれた赤ちゃんは、

実はあんまり泣かないという事が、最近わかってきている。

 

だから嫌なことは今すぐやめて、

大好きな人と、

大好きな事だけすればいい。

そのために、どんどん甘えればいい。

頼ればいい。大丈夫、世界はあなたが思っているより、

数万倍優しくできているから。

 

 

で、そうなると男の役割ってなんだろう?

僕は男として、瞑想後のすごく考えた。

子供への影響、母親に比べれば父親の影響力はとても少ない。

胎児レベルだと、

実質皆無。

これは事実。

 

だから男の役割としては、

女性をサポートする。

女性を守る。

女性を愛する。

女性に捧げる。

女性に与える。

 

女性が安らぎを感じ、安心感があれば、

それはつまり、子供へ全部伝わる。

妻やパートナーへの愛は、

女性という媒体を通して、

子供たちへ伝わる。

 

これは子供が生まれて、大きくなってても同じ。

女性がいつも安心して、くつろでいる。

男はそれを全身全霊でサポートする。

 

それが世界平和への第一歩だ。

 

 

しかしそれも、子宮の中の夢かもしれないけどね(笑)。

 でも、

どこか「夢から醒めた」ような、

そんな清々しさもある。

自分の人生を生きる覚悟と勇気。

そして、このカルマのバトンを息子世代に渡さないって、強く思う。

これがはるちゃんの言う「お宮わけ」なのかもしれない。

 

 

 

この時はタイマーをかけ忘れて、40分程度のmei-sou(瞑想)だった。

瞑想をより効果的に活用したいのなら、

やはり20分以上はやったほうがいいかもしれない。

5分10分でも集中力強化や、脳のリセットツールとして素晴らしい効能があるけど、

本質的な部分の「カルマ」を解消していくには、

ある程度の「時間」をかけるという意識も必要だなぁ、と思った。

 

 

5月22日   残1名!

満月に手放すグループ山歩きmei-sou 詳細は こちら⇩

loose-meisou.hatenablog.com

 

 

八ヶ岳山麓へは東京新宿から特急で2時間。楽々日帰りできます。

 

 

 八ヶ岳mei-sou メニュー

 

mei-sou(瞑想)とは。

物質(肉体)レベルで自分の存在をただ「感じる」こと。

ただ意識で「感じる」だけで、我々の肉体は「ゆるみ」ます。

肉体がゆるむことで、目に見えない自分=精神・意識の解放に繋がります。

自然の中に身を置くことで、普段閉ざされている感覚が開きます。

それが真のリラックスと、安らぎへと呼び水となり、心身が整います

ゆるみと解放により、インスピレーション(直感、第六感)が高まります。

 

こんな方に、mei-souをお届けします。

 

・今の自分を変えたい。

・色々学んだけど、行き詰まったり、いまいちピンと来ない。

・自分に自信がない。

・子育てやパートナーとの関係。

・漠然とした不安感。

・集中力、リセット力を高めたい。

・忙しい日々の中での休息方法を知りたい。

・本当の豊かさのため、心の安らぎとゆとりを得たい。 

 

 

mei-sou(約90分)

瞑想と個人セッションを通して、

あなたの本質からのメッセージに寄り添います。

 

20000円

 

 

mei-sou&自然散策(約4時間)

八ヶ岳山麓の大地のバワーを受けつつ、

個人セッションと瞑想を通して、

あなたの本質に向き合います。

 

40000円

ご希望で昼食、温泉。

 

 

山歩きmei-sou(朝から夕方までの1日コース)

自然の中に身を起き、瞑想状態を維持し続ける事により、

体の芯に溜まったカルマを手放し、

本質の自分からのメッセージを受け取れるよう、

全身全霊でサポートします。

 

100000円

 一ヶ月のメールサポート付き。

 昼食、温泉。

 

諏訪大社巡りコースもあります。応相談。

*全てに送迎つき。

 

東京、名古屋近郊、出張セッション受け付けています。

瞑想会なども応相談。

 

感想などはこちらから。

山歩き瞑想 感想|FREEDOM

瞑想だって、継続は力。|FREEDOM

春の山歩き瞑想セッション - 遊ぶ、伝わる、ただ座る。

 

 

申し込みフォームはこちらから

瞑想セッション 申し込み

 

 

 

ご質問、お問い合わせ。 

meisoutoyama@gmail.com

gmailで返信します。受け取れるように設定お願いします) 

(その他、心、体、生活へのご相談など、お気軽にどうぞ)

 

 

ご入金後の返金は受け付けておりません。ご了承ください。

雨天の場合は雨の森散策と室内ワーク中心に。

荒天の場合、「山歩き瞑想」は日にち変更する場合があります。

 

f:id:meisoutoyama:20160517090517j:plain

mei-souアーティスト 大島ケンスケ